アースサポート株式会社 お客様の声[5分48秒]

再生時間:5分48秒 / * この動画には音声が含まれます。再生時には音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調整してください。

JavaScript がオフになっているか、古いバージョンの Adobe Flash Player を使用しています。 最新の Adobe Flash Player を入手してください。

アースサポート株式会社は、全国475カ所にサービス拠点を有する介護業界のリーディングカンパニーです。同社は、お客様のニーズに対応したきめ細かな介護サービスをワンストップで提供する一方で、IT化を積極的に推進。介護システムと基幹業務システムのシームレスなデータ連動を実現し、同時にオーダーメイドの勤怠管理システムを導入することで、介護業界特有の複雑な請求・勤怠・給与管理を大幅に効率化することに成功しています。

アースサポート株式会社の導入事例記事を見る

アースサポート株式会社が導入した製品詳細

動画サマリー

動画の要点をご紹介します。

介護業界リーディングカンパニーとしてのアドバンテージ

創業20年を迎え、訪問系サービスに特化しているということが強みです。代表取締役社長の森山 典明は、昭和48年(1973年)に日本で初めて株式会社としてシルバー事業を開始しました。訪問入浴拠点:業界第1位、訪問介護拠点:業界第2位、寝具事業:業界第1位と、20年の間に当社が業績を伸ばしたのは、代表の森山による戦略のもと、着実に結果に結びついたからであると考えています。
2025年までの間に介護業界ではさまざまな変化があるかもしれません。しかし、介護は薄利な事業でありながら、非常に崇高なサービスであり、心の部分も大事です。創業から一貫して森山の指導のもと、「ワンストップサービス」を肝にやっていることが、リーディングカンパニーと言われる原因であり、今の結果につながっていると思います。

現場の社員によるサービスの強みについて

当社の事業に、寝たきりの方を自宅でお風呂に入れるという、訪問入浴事業があります。医療・介護連携(地域包括ケア)の中、在宅での生活を支えるため、自分でお風呂に入れない方のご自宅に伺い、入浴サービスを提供します。これには心のこもったサービス提供が必要で、効率化だけの問題では成り立たない、現場の力強い意思・想いによって成り立っています。
また、さまざまなものをサービスという形にする、イベント事業を行っています。例えば、明治座の観劇、または親戚の冠婚葬祭など、お客様が今まで諦めていたものが、現場の提案で形となり、お客様にやりがい、生きがいを見出していただけます。イベント事業は、サービスの現場に近い者が企画し、提案し、形にし、サービス提供に至ります。現場スタッフは、お客様のニーズを肌感覚で把握しています。その提案を吸い上げられることが会社の強みであり、お客様の満足感、感動となるサービスにつながってくると思います。

業界特有の複雑な勤怠管理のシステム化について

介護業界の勤怠システムには、請求データと勤務実績の突合(とつごう)が必要です。訪問介護サービスで複数の拠点からサービスを提供する場合、複雑な勤怠の集約状態になっています。複数の拠点にサービス提供したものについて、スタッフの給与と、請求金額とを突合させるという大きな肝の仕組みを取り入れています。

届出・各種加算の集計管理について

処遇改善加算を集計し、47都道府県に対して報告を行うという相当なボリュームのある仕事について、今回のシステムでの簡素化を目論んでいます。

大塚商会に対する評価

大塚商会さんとは、たのめーるを通じて取引がありました。大塚商会さんと出会い、感心したことが二つあります。一つ目は大塚商会さんがワンストップサービスに徹底しているということで、当社にすごく似通ったものを持っていると感じます。二つ目に、非常に好意的に、多様な提案を行ってくれるということです。フォローアップを含め、一つひとつの仕事を丁寧にしていただいている印象があります。

システム化のポイント、大塚商会のSEに対する評価について

現場で行っている運用を、いかにシステムに生かせるかということを常に気にしています。その中で、大塚商会さんは運用フローなどを親身に理解していただいています。弊社の運用に寄り添いながら、さらなる良いシステムになるよう進めていけたらと考えています。

情報セキュリティ対策の導入効果について

「SKYSEA Client View」は、パソコン、USBメモリー、複合機その他、ネットワークにつなぐものは全て効率的に情報収集することができます。使ってはいけないものについては使用を制限できるため、セキュリティ対策に非常に役に立っています。また、複合機421台の入れ替えによってコストが削減できています。今後ともご協力いただければと思います。

ページID:00120156