SMILE V / eValue V ドキュメント管理 Webスキャンオプション紹介動画[3分4秒]

動画提供:株式会社OSK

再生時間:3分4秒
* この動画には音声が含まれます。再生時には音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調整してください。

複合機連携機能である「Webスキャンオプション」を利用することで、スキャンしたデータを複合機(注)のパネルから「SMILE V / eValue V ドキュメント管理」の指定フォルダーへの登録が可能。ドキュメントの効率的な電子化を支援します。この動画では、実際の画面を利用した文書登録の流れをご覧いただけます。

  • (注)MultiLink-Panel搭載の株式会社リコー製MFP

関連製品

動画サマリー

動画の要点をご紹介します。

「SMILE V / eValue V ドキュメント管理」は、「Webスキャンオプション」を使った複合機連携機能により、紙文書の電子化を簡単に実現します。

まず、複合機パネル上にWebスキャンオプションのメニュー画面を表示します。この画面では、新規文書を登録する「文書登録」、既存文書にファイルを追加する「ファイル追加」、既存文書の添付ファイルを更新する「ファイル編集」が選べます。

それでは、「文書登録」の操作を見てみましょう。メニューには、複合機からよく登録するドキュメント管理のフォルダーが表示され、ワンタッチで登録先を選べます。

さらに、メニュー画面に表示されるフォルダーには、あらかじめ管理者が各種初期値を設定しているため、スキャン条件の設定の手間を省くことができます。

必要に応じて右側のコマンドバーのボタンを使い、スキャン条件の変更や、メニューに表示されていないフォルダーの選択も行えます。

メニューで登録先フォルダーを選択すると、文書属性の入力画面に切り替わります。文字型の属性項目なら、あらかじめ用意された単語帳を使って入力できます。

リスト型の属性項目なら、選択肢から選ぶだけなど、各種文書属性値の設定が簡単に行えます。

登録先フォルダーと属性入力を終えたら、あとは原稿をセットしてスキャンするだけ。スキャンしたデータは、「SMILE V / eValue V ドキュメント管理」に自動登録されます。

このように「SMILE V / eValue V ドキュメント管理」は、複合機からの簡単操作で、ペーパーレスオフィス化を推進します。

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00204738