第1回 生産性向上・改善活動に役立つコラム連載開始~皆様はじめまして

はじめまして。ブロードリーフの大岡と申します。私は、企業活動の生産性を高めるソフトウェア「OTRS」の実践指導をしております。

「OTRS」製品紹介Webサイト

「OTRS」はトヨタ生産方式(TPS)やリーン生産方式(LPS)に代表される改善活動での“標準化”や“ムダ取り”に使われるものです。

改善活動と聞くと、製造業で行うものというイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが、「OTRS」は金融機関、保険、証券、商社などのオフィスワーク、流通業、飲食店などの店舗、農業・林業・漁業などの一次産業、医療・介護などのメディカル分野などさまざまな分野で導入されており、改善活動は幅広く行われています。

このコラムでは、生産性向上に興味をお持ちの皆様に、幅広く改善活動で使われている「OTRS」の活用内容を中心に、製造業以外の方でも参考にしていただけるよう成功事例(と失敗事例も)を紹介しながらお伝えしてゆきます。

定期的に更新していきますので、ぜひご一読ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

次回は2016年1月14日(木)更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

作業分析・業務最適化ソフトウェア OTRS

「OTRS」は、映像による動作分析、時間分析などの機能により、生産・製造現場の作業時間短縮・省力化・コスト低減ができるソフトウェアです。 実際の作業映像を分析することで、ムリ・ムダ・ムラをなくし、作業の標準化を図ることができ、作業の改善によるコストダウンや品質の均一化を実現します。また、作業指示書の作成もでき、教育訓練の材料や技能伝承のツールなど、さまざまなシーンで活用できます。

この記事の著者

株式会社ブロードリーフ IE部IE課 リーダー

大岡 明

インダストリアル・エンジニアリング(IE)を活用し、生産・製造現場の作業時間短縮・省力化・コスト削減といった改善活動のサポートするソフトウェアツール「OTRS」の実践指導員。担当領域は製造業(自動車・電機メーカー、サプライヤー企業)であるが、その実績を流通・証券・金融・医療機関・教育機関・官公庁といった幅広い分野にも広げ、多くのお客様をサポートしている。
「現地・現物」をモットーとし、日々現場へ足を運び、実践指導とを行う。全国各地での講演も多数実施。
日本インダストリアルエンジニアリング協会会員
日本経営工学会会員
OTRS-作業分析・業務最適化のソフトウェア

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00103039