第67回 オフィス以上に感染しやすい? テレワークのセキュリティ対策は本当に大丈夫ですか

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、各企業・団体ではテレワークの導入が進んでいます。一方で、テレワークの増加に乗じたサイバー攻撃が増え始めており、“人へ”だけでなく、「コンピューターへのウイルス感染」にも細心の注意を払う必要性が出てきました。

オフィス以上に感染しやすい? テレワークのセキュリティ対策は本当に大丈夫ですか

Web会議への不正侵入が多発!

4月上旬に発表した東京商工会議所の調査結果によると、東京都内の企業の26.0%がテレワークを実施中であり、19.5%がテレワークの実施を検討していることが分かりました。この調査は、総務省が2019年5月に発表した「平成30年 通信利用動向調査報告書(企業編)」の企業のテレワーク導入率(19.0%)と近い結果となり、導入が進んでいる状況が見えます。

テレワークを実施している企業において、導入が進んでいるのがWeb会議サービスです。代表的なサービスに、マイクロソフトの「Teams」、シスコシステムズの「Webex」などがありますが、中でも世界で3億人の利用者を抱えるといわれる「Zoom」が、主要サービスを無料で使えることなどから利用者が急増しています。ただ、一方でセキュリティ被害が相次いで報告されています。

3月下旬に米国の高校で「Zoom」を使ったオンライン授業中に、身元不明のユーザーが会議に乱入し、冒涜(ぼうとく)的な言葉や教師の自宅住所などを叫ぶということが起きました。こうした荒らし行為は「Zoom爆撃」と呼ばれ、次々と被害が拡大しました。また、Web会議サービスを模した偽サイト(フィッシングサイト)が相次いで開設されています。トレンドマイクロによると、インターネット上の住所に相当するドメイン名について調査した結果、「Zoom」という文字列が含まれるものを2020年に入ってから新たに3,300個確認しました。全てではありませんが、相当数の偽サイトが含まれている可能性が高いといいます。

新型コロナウイルスに関連した偽サイトへの誘導も急増!

同じくトレンドマイクロによると、新型コロナウイルスに関連した偽サイトへの誘導も急増していることが分かりました。同社の調査によると、URLに新型コロナウイルス感染症を示す「covid」の文字列などがある偽サイトへの誘導被害は3月に約3万4000件発生し、1月比で8.7倍に膨らみました。また、1~3月の被害総数のうち、日本からのアクセスは13.8%を占めました。こうした手口の多くは、メールなどでユーザーを世界保健機関(WHO)のものに見せかけた偽サイトへ誘導し、パスワードやクレジットカード情報などを入力させる、というものです。また、場合によってはウイルス感染の危険性も大いにあります。

そこで、代表的な対策に「Webフィルタリング」があります。偽サイトはもちろん、「業務に関係のないサイトは閲覧禁止」と義務づけても、守るかどうかは社員次第であり、線引きの判断も困難になります。Webフィルタリングを導入すれば、強制的にアクセスを禁止でき、偽サイトへの誘導も防ぐことができます。

関連ソリューション

Webフィルタリング
Webフィルタリングは、特定カテゴリー、業務に関係ないサイトへのアクセスを禁止する機能を提供します。

トピックス ~テレワークのことなら、大塚商会へ。~

大塚商会では、『テレワークのことなら、大塚商会へ。』と題したページを公開しています。

テレワークを、働き方改革の重要ポイントと位置づけ、大塚商会がテレワークの導入を支援いたします。

詳しくは、大塚商会のホームページにてご確認ください。

働き方改革の重要ポイント テレワークのことなら、大塚商会へ

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

ERPを使いこなすための「IT環境」入門

ERP(基幹業務)システムを稼働させ、導入成果を確実に上げていくためには、サーバー機器やクライアント端末などの各種ハードウェアやネットワーク、そしてセキュリティ対策などのIT環境が必要になります。ここでは、ERPを利用するために不可欠なIT環境、ERPをさらに活用するためのIT環境という二つの方向から、ERPの安定稼働に求められるIT環境を考えていきます。

この記事の著者

株式会社大塚商会 マーケティング本部

井川 雄二

1997年 大塚商会入社。主に複合機をお客様に提案する営業担当から始まり、現在はその経験を生かしてマーケティング本部として営業支援を行っている。ITにまつわる情報収集に長けており、全国各地のイベントでは年間数十回のセミナー講演を実施し、その情報を余すことなくお客様に伝えている。その講演内容がとてもわかりやすいと評判。

■ 「まちでん」とは
「街の電器屋さん」の略称。大塚商会は、地域に密着し、お客様の要望にきめ細かく対応する 「街の電器屋さん」になることを目指しています。その一環として、マーケティング本部ではIT情報紙「まちでん便り」を毎月発刊。営業・エンジニアがお客様へお届けしています。

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00191876