第2回 人気急上昇中!なぜ今、Windowsタブレットが注目されているのか!?

国内のタブレット市場は、法人向け需要が拡大しつつあります。これまでは2010年5月に国内発売された「iPad」が法人市場の多くを占めていましたが、ここ最近ではマイクロソフト社の最新端末『Surface Pro 3』を筆頭とした「Windowsタブレット」の人気が急上昇しています。今回はその理由をお伝えします。

◆ Windowsタブレットが注目される理由とは?

これからWindows PCを導入するのであれば、Windows 8.1搭載のPCを選択するのが現実的です。さらに、OSの特性やワークスタイルを考慮した場合、今後はノートPCやタブレットを選択する企業が増えてくることでしょう。すでに、iPadやAndroidタブレットを数年前から採用している企業も少なくありませんが、あくまで“PCに続く2台目”として活用しており、完全にPCに代わる端末とはなりきれていません。一方、Windows
タブレットは「PC」と「タブレット」の“1台2役”を担える端末として、企業における導入が増えています。外出先でも社内とほぼ同じ環境で仕事をしたいとなれば、Windowsタブレットが適していると言えるでしょう。

◆ WindowsタブレットはiPadやAndroidタブレットとここが違う!

□ PCと同じ仕様のデスクトップ、PCのソフトもそのまま使える
⇒ Windows 8.1搭載タブレットの中身はPCとほぼ変わりません。そのため、“タブレットにもなるノートPC”と捉えてもよいでしょう。また、他タブレットではできないドラッグ&ドロップでのファイル移動も簡単にできます。さらに、Microsoft Office(WordやExcelなど)を使うことができるため、外出先でも自席と同じように作業をすることが可能になります。

□ マウスやプリンタといった周辺機器もそのまま使える
⇒ USBメモリや外付けHDD、キーボード、マウス、スキャナ、プリンタなど、これまでPCで使っていた周辺機器は、そのほとんどをそのまま接続できるため、使い勝手を落とすことなく利用することができます。

--------------------------------
■ 現場が求める機動力!!
  それがWindowsタブレットの魅力です

参考:ビジネス用のWindowsタブレットなら大塚商会

--------------------------------

更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

ITインフラ活用術

クラウドコンピューティングや仮想化技術の進化、急速に普及したタブレット端末などITインフラは日々進歩しています。最新のインフラ環境とアプリケーションとを組み合わせてシステムの導入効果を最大化できるのは、ワンストップソリューションの大塚商会だからこそです。外出先とオフィスとがつながり、事業が広がり、企業の安心・安全をサポートするITインフラの活用術をご紹介します。

この記事の著者

株式会社大塚商会 マーケティング本部

井川 雄二

1997年 大塚商会入社。主に複合機をお客様に提案する営業担当から始まり、現在はその経験を生かしてマーケティング本部として営業支援を行っている。ITにまつわる情報収集に長けており、全国各地のイベントでは年間数十回のセミナー講演を実施し、その情報を余すことなくお客様に伝えている。その講演内容がとてもわかりやすいと評判。

■ 「まちでん」とは
「街の電器屋さん」の略称。大塚商会は、地域に密着し、お客様の要望にきめ細かく対応する 「街の電器屋さん」になることを目指しています。その一環として、マーケティング本部ではIT情報紙「まちでん便り」を毎月発刊。営業・エンジニアがお客様へお届けしています。

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00078416