第2回 あいさつのプロになろう!

多くの業界と同様に運送業界でも「“生き残る”ではなく“勝ち抜く”の姿勢が求められる」との気運が高まる中、安全だけではなく「安全を含む輸送品質の向上」に注力される運送会社が増えてきました。

運送会社から弊社へのご依頼内容も、ドライバーの第一印象を高めることを目的とした「あいさつの唱和訓練」や「身だしなみのルール制定」など、安全以外の項目が急増しています。

そこで今回のコラムは「あいさつのプロになろう!」というお話。

まずはその背景を私の経験をもとに説明します。

当時21歳の私がトラックドライバーという職業を選択した理由の一つに「ひとりの時間が長くて気楽そうだから」との安易な考えがありました。

そんな若くて甘い考えを抱いたまま運送業界に飛び込みましたので、最初は驚きの連続。

  • ドライバーとは時に見知らぬお客様にひとりで訪問する仕事
  • 商談目的ではなく納品という短時間滞在が多いので1日の訪問件数が多い
  • 訪問件数が多いのであいさつの回数が多い

そう実感するたびに「誰や!気楽で稼げる仕事って言うたんは!」とハンドルを握りながら嘆いていたことを覚えています。

ここで皆様に一つ質問です。

皆様は1日におおむね何回「おはようございます」と言っていますか?

ドライバーの場合、たとえば朝の配達が10社あるとします。

1社訪問あたりの平均あいさつ回数が仮に4回(4人)だとすると、1日に40回「おはようございます」と発していることになります。

ホーム&アウェーで言うところの「思いっきりアウェー」な状況で。

訪問先様には大勢の人がいらっしゃるとの「圧倒的に数的不利」な状況で。

しかも、そのほとんどが電話やメールではなく顔を合わしてあいさつをしているのです。

だからドライバーにとっては“あいさつも仕事のうち”だと言えますね。

ドライバーが「あいさつのプロ」になるための練習は、自社内で管理者と正しいあいさつを交わすことが効果的です。

たとえば出発点呼時にドライバーの「おはようございます」「行ってきます」のあいさつを改善するために、管理者が「動くマニュアル」になり正しいあいさつを返します。

ドライバーが社内であいさつの練習をしていないと社外でのあいさつに自信を持てなくなる。

結果的にあいさつの機会に対して消極的になってしまう。

「自社内で雑なあいさつを交わしていると、アウェーな雰囲気や数的不利な状況の客先では社内で発するレベル以下のあいさつを提供してしまう」とも判断できます。

可能であればあいさつの唱和訓練等は、新入社員教育プログラムに反映された方がよいと思います。

一般的に会社として一番大切にしていることは入社時に教える傾向であり、教わった人も「一番大切にする(覚えている=実践する)傾向」のようです。

新人ドライバーにとっても運送会社に対する第一印象は大切ですから。

そして、管理者がその気になればドライバーのあいさつは必ず進化します。

なぜならば・・・。

ドライバーという職業にはあいさつの実践練習機会がたくさん有りますから。

だから「プロドライバーとしてあいさつのプロになろう!」

「正しいあいさつを提供する」との社内ルールが個々のこだわりになるように。

そのこだわりが全ドライバーの習慣になって運送会社の商品になるように。

「自分の人生と相手の気持ちを豊かにするような正しいあいさつを提供しよう!」

ありがとうございました。

次回は7月5日(金)の更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

運輸業システム トラックスター

運輸業システム「トラックスター」は、得意先管理・傭車先管理・車両管理・運転者管理の4つをリアルタイムに連結。経理業務の軽減はもちろん、経営管理を強力にバックアップします。

クラウドサービスを利用できるネットワーク型車載ステーション 富士通製 デジタルタコグラフ DTSシリーズ

FOMA網対応の3G通信モジュールを標準搭載し、カードレス運用を実現したデジタルタコグラフ。富士通がお客様と共に培ってきた運行支援ソリューションをクラウド基盤で運用することを可能にし、インターネットにつながるパソコンを用意するだけで初期費用を抑え、短期間で運行情報分析が簡単に行えます。車両の速度や時間・エンジン回転数などの車両情報と運転評価表をもとに乗務員に的確な運転指導が行えます。

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売上が向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2016年度には969回講演。
また、全日本トラック協会主催の「全国トラック運送事業者大会」における交通安全対策推進の分科会で、4年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催:2015年金沢開催:2016年度米子開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員
2015年度:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会ワーキンググループ」委員
2016年度:「貸切バス運転者に対して行う指導及び監督の改正検討ワーキンググループ」委員
2016年度 2017年度:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会」委員
2017年度:熊本県トラック協会 専門アドバイザー(企業経営・労務管理)
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00079930