第157回 管理の死角

事故やミスを起こさないために、人が「考える・決める・守る」のがルールであり、また事故に至らずとも、ルールを守らなかった時点で指導をするのが「事故防止の指導」です。その状況が視界に入っていながらも、事故が起こるまで指導をしないのは安全の盲点であり「管理の死角」といえます。

管理の死角

職場において改善以上の改革を進めると、その効果への期待から喜ばれる一方で、その内容により誰かの否定や一部の人から反発を受けることも想定されます。

そのようなときにも改革の実行をためらうのではなく。

今は意見が違う人からも理解や協力を得られるために。

実行を前提に、正しく伝えられる方法を選択します。

会社で決めたルールとは、全ての管理者が同様に「伝える・確認する・評価する」ことにより、全てのドライバーが守れるようになるものです。

ルールを守らないドライバーに対して、特定の上司しか口うるさくなっていない状態では、「会社が言っている」のではなく「あの人が言っている」との受け取り方が生じることで、その人の前でしかルールを履行しなくなるドライバーも散見されます。

ドライバー不足の背景も鑑みて、指摘や指導をためらって「いい上司」に思われようとすると、ドライバーからは「どうでもいい上司」として認識されます。

関心以上の愛情の表現として指摘や指導を続ける管理者の姿は、ドライバーには「嫌がられる」かもしれませんが、全力で向き合えば「嫌われる」ことはないものです。

逆に、しつこく指摘をするときとあっさり放置する場合がある「ムラがある上司」は付き合いにくく、ドライバーから一番「嫌われる」上司の姿かもしれません。

まずは指摘をするときとしないときがないように「個人のムラ」をなくすこと。

次に全員が同じ指導ができるように「管理者のムラ」をなくすこと。

その「ムラ」の原因である「できない」のと「やらない」には大きな違いがあります

継続していつもやらなければ、結果としていつまでもできないことがあります。

会社がやるべきことは、法律を守って社員を守ろうとすること。

社員がやるべきことは、ルールを守って仕事を守ろうとすること。

全員がやろうとすることで、やろうとしない人がよくない人との見方が強まります。

また、できない人もできるように、できた人から「一緒にやろう」と会話も生まれます。

一人で決めても「誰も見ていないから」と、すぐに崩してしまう決意もあります。

全員で決めて全員が一人を応援したり、一人が全員から刺激を受けたりすることで、全員ができるようになります。

全員が何となくでもできている簡単なことに、あえてルールを付けることから始めてみましょう。

一人で「できた!」との成功体験や、全員が「できた!」との達成経験から得られることもあります。

法律を守ろうとする改革よりも、法律未満のルールを守るための改善の方が、すぐに取り組みやすいものです。

法律とは「会社として守るもの」が多く、法律を守れていても「当たり前(プラスマイナスゼロ)の評価」であり、できていなければ「マイナスの評価」です。

「社員として守るもの」には仕事のルールが多く、仕事のミスによる時間のロスを抑止すれば「プラスの評価」を得ることができます。

ミスは人が起こすものであるが故、人にしか防げないものです。     

事故やミスを起こさないために、人が「考える・決める・守る」のがルールです。

事故には至っていなくても、ルールを守らなかった時点で指導をするのが「事故防止の指導」です。

事故後の指導のみでは「事故待ちの指導」といえます。

管理者が指導すべき行動を見逃していることと同じく。

その状況が視界に入っていながらも、事故が起こるまで指導をしないのは安全の盲点であり「管理の死角」といえます。

ありがとうございました。

次回は10月4日(金)更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

運輸事業者向け販売管理システム SMILE V トラックスター

運輸業における日報管理・請求管理から実績管理まで、一連の業務を効率化。業界の慣習に対応し、運輸業の経営管理を強力にバックアップします。マスターや伝票に独自項目を追加して、オリジナル帳票の作成やデータ活用が可能です。

クラウドサービスを利用できるネットワーク型車載ステーション 富士通製 デジタルタコグラフ DTSシリーズ

FOMA網対応の3G通信モジュールを標準搭載し、カードレス運用を実現したデジタルタコグラフ。富士通がお客様と共に培ってきた運行支援ソリューションをクラウド基盤で運用することを可能にし、インターネットにつながるパソコンを用意するだけで初期費用を抑え、短期間で運行情報分析が簡単に行えます。車両の速度や時間・エンジン回転数などの車両情報と運転評価表をもとに乗務員に的確な運転指導が行えます。

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止による利益確保と輸送品質の向上による単価の向上で得た原資によって、働き方改革を実現するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2018年度には1032回講演。
また、全日本トラック協会主催の「全国トラック運送事業者大会」における交通安全対策推進の分科会で、6年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催:2015年金沢開催:2016年度米子開催:2017年仙台開催:2018年高松開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員
2015年度:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会ワーキンググループ」委員
2016年度:「貸切バス運転者に対して行う指導及び監督の改正検討ワーキンググループ」委員
2016年度より:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会」委員
2017年度より:熊本県トラック協会 専門アドバイザー(企業経営・労務管理)
各都道府県のトラック協会や青年部会、支部や協同組合単位での各研修会で講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00170258