第44回 管理者以上のドライバーは育たず

プロのドライバーという称され方はあっても、プロの管理者とは言われない。

部長代理や所長代理との役職名はあっても、社長代理は耳にしたことがない。

私たちは各地で開催している運送会社の管理者勉強会を通じて、「プロの管理者=社長代理」の育成を目指しています。

ドライバー不足と叫ばれることはあっても、管理者不足とは言われない。

ドライバーになりたいとの声は聞いたが、管理者になりたいとは少数派。

私は21歳で運送会社にドライバーとして入社して、数年後に管理者になりました。

最初に「管理者へ登用する」とのお話をいただいた時には、消極的だった覚えがあります。

「人付き合いが得意ではなかった」こともありトラックに乗り始めた私にとって、四六時中も社内で誰かと一緒に仕事をするのは想像を絶することでした。

管理者になりたての頃に辛かったこと。

自分が失敗していなくとも、管轄のドライバーが時間遅延や商品破損などの失敗をすれば謝らなければならないこと。

それが協力会社であったとしても、謝らなければならないこと。

若気の至りからか“自分主観の塊以上の鬼”のような当時の私には、苦痛を超えた屈辱の日々。

電話が鳴って受話器を取ると突然言葉が出なくなる“イップス状態”になったことも…。

また、自分では簡単にできることでも、誰かに教えるのは難しいもの。

例えば、自分では何度も行ったことがある積み込み先を、行ったことがない人に地図を描いて教えるのは面倒なもの。

会社名と車番と名前しか知らず、会ったこともない誰かに電話で積み込み場所を誘導して教えるのはさらに面倒なもの。

管理者が教えることを「難しい」や「面倒」と思えば、“教育”という人と人との接点から逃れるべく、ドライバーへの気遣いや会話も少なくなるようです。

管理することとは教育することであり、管理者とは教育者(指導者)です。

「伝える(教える)」と「確認する(育てる)」で教育であり、管理と書いてキョウイクと読みます。

管理者がドライバーを教育する方法を知らなければ、未経験者や若年者は雇用できず、これからの時代にトラックの稼働率低下は否めません。

教育に掛ける費用とは単なるコストとの見方ではなく。

教育ができる運送会社はトラックの稼働率が向上して、売上も向上するということ。

教育の度合いが売上の金額に表われるのです。

教育の結果で事故も減り、利益も向上します。

「管理者以上のドライバーは育たず、ドライバーは管理者を真似るもの」

管理者は自分ができていないことは、ドライバーにも注意をしないことが多い。

「管理者以上にドライバーが育てば、ドライバーは会社を辞めていく」

ドライバーが管理者を超える能力を持つと、ドライバーは管理者を見下して辞めていく。

だから管理者がドライバーに良い影響を与えるべく、自らが「動くマニュアル」になるために。

そして、管理者を「ドライバーが憧れる職種」に。

ドライバーが皆「管理者にはなりたくない=出世はしたくない」と思う運送会社では、意欲的な人は働きにくいはず。

管理者を鍛えて、ドライバーが「あの人のような管理者になりたい!」と憧れることで、ドライバーが意欲的に働くことができるはず。

管理職がドライバーから憧れられる職種にならないと、これからドライバーになろうとする人の中には、体力面等で将来に不安を感じて、運送業界に入ることを躊躇する人もいるのではないでしょうか。

管理者を「ドライバーが憧れる職種」にすることで、「ドライバーが憧れられる職業」になると思います。

私たちはそんな思いから各運送会社で日夜奮闘している管理者を応援すべく、全国で管理者勉強会を開催しています。

ありがとうございました。

次回は4月3日(金)を予定しております。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

運輸業システム トラックスター

運輸業システム「トラックスター」は、得意先管理・傭車先管理・車両管理・運転者管理の4つをリアルタイムに連結。経理業務の軽減はもちろん、経営管理を強力にバックアップします。

クラウドサービスを利用できるネットワーク型車載ステーション 富士通製 デジタルタコグラフ DTSシリーズ

FOMA網対応の3G通信モジュールを標準搭載し、カードレス運用を実現したデジタルタコグラフ。富士通がお客様と共に培ってきた運行支援ソリューションをクラウド基盤で運用することを可能にし、インターネットにつながるパソコンを用意するだけで初期費用を抑え、短期間で運行情報分析が簡単に行えます。車両の速度や時間・エンジン回転数などの車両情報と運転評価表をもとに乗務員に的確な運転指導が行えます。

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売上が向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2016年度には969回講演。
また、全日本トラック協会主催の「全国トラック運送事業者大会」における交通安全対策推進の分科会で、4年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催:2015年金沢開催:2016年度米子開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員
2015年度:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会ワーキンググループ」委員
2016年度:「貸切バス運転者に対して行う指導及び監督の改正検討ワーキンググループ」委員
2016年度 2017年度:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会」委員
2017年度:熊本県トラック協会 専門アドバイザー(企業経営・労務管理)
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00080451