第43回 褒める以上に感謝する

プロ野球界でもオープン戦がはじまるなど、春の足音が待ち遠しくなってきました。

先日、そのプロ野球界において、ある選手が投げるだけでなく今シーズンの初打席でホームランを打ったことに対する監督の談話が印象に残っています。

「小学生があんな球を打てば褒めますが、もともと能力を持っている選手ができることを普通にやっただけ。私は褒めません。」

選手の能力を最大限に引き出す方法として「三流は無視・二流は称賛・一流は非難」との、名監督による語録を思い出しました。

どうやら、相手の成熟度やこちらの期待度によっては、“褒めるより褒めないことが褒めること”になるようです。

相手が「あたりまえ」と思うことを提供しても、相手から「ありがとう」と言ってもらえないのと似ています。

それはプロ野球選手と小学生の違いに例えられたように。

プロとアマの仕事の違いなのでしょう。

舞台に上がることを仕事としている人の多くが、自らの職業を問われると“俳優”と答えるように。

営業ナンバーが付いたトラックに乗る人に対して、多くの人が“プロドライバー”と称します。

管理者の目が届かない出先であっても、正しい行動をひとりでできるのがプロです。

プロのドライバーは日々、経営に参加していると言えます。

私が思う経営参加とは「売上を増やす行為」か「利益を増やす行為」に携わること。

ドライバーは交通事故を削減したり、燃費を向上させたりすることで、会社の利益を増やすことに日々貢献しています。

経営者の重責のひとつに“決断”が挙げられますが、ドライバーは1日に何度も“決断”をしているのです。

それは交差点の右折開始のタイミングなどの状況“判断”と言われる行動。

状況の判断=決断を間違えば大きな事故になり、経営上の損失にもつながります。

刻一刻と変わる周囲の交通状況に対応すべく、誰にも相談することができない運転室内で、損失を抑えるための判断=決断を日常的に繰り返しているのです。

ドライバーの仕事とは、社外に出れば周囲からプロだから「あたりまえ」と思われることが多い職業です。

それでも誰も見ていないところで、決断という重責を何度も繰り返しているのです。

せめて社内では、「ありがとう」と労いや感謝の思いを伝えましょう。

褒めるのではなく感謝することで、さらに一流のプロになることでしょう。

ありがとうございました。

次回は3月6日(金)を予定しております。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送・物流会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売り上げが向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2014年には698回講演。
また、全日本トラック協会主催の全国トラック運送事業者大会における交通事故防止対策の分科会で、2年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員。
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

運送・物流会社の管理者のための安全・品質向上講座 バックナンバー

ページID:00080450