第46回 フォークリフト事故とバック事故の共通点

私はトラックドライバー時代に、自らの確認不足によりバック事故を起こしたことがあります。

発生場所は、やはりお客様の構内でした。

日頃からお付き合いをしているお客様へ謝らなければならないのは、プロとして悔しく恥ずかしい思いをしたことを、事故発生時の音や衝撃と合わせて、今でも鮮明に覚えています。

その後は「もう二度と」との思いで安全行動を実践して、本日に至っています。

構内では道の上と比較して外的要因の影響を受けることが少なく、自分が安全になれば事故を起こす可能性は限りなくゼロに近づくことができるはずです。

特にバック事故は「建物などの動かないもの」や、「駐車車両など停まっているもの」と接触する事例ばかり。

自分が動かなければ事故にはならないはず。

自分が停まれば事故にはならないはず。

構内で発生するバック事故やフォークリフト事故は、時間を掛けてでも自分が納得するまで何度でも確認することで、防止することができます。

そこで、フォークリフト事故の防止対策とバック事故の防止対策には、二つの共通点が有ります。

一つ目は「下車確認」

フォークリフト操作時には下車して前方の状況を確認。

バック走行時には下車して後方の状況を確認。

二つ目は「指差呼称確認」

下車して確認をするのなら、指差呼称確認がお勧めです。

周囲の関心を引いて危険を知らせる意味でも「大きな声と大きな動作」が効果的です。

上記の二つの事故防止対策は、法令で定められているわけではなく、自動車教習所で習った「踏切で停止時は窓を開けて音でも確認する」と同様に、任意の安全対策であることも共通点。

ですから実践しなくても検挙されることはなく、事故が発生するまで社外の人は注意してくれません。

どちらも「当たり前だと言われる対策」ですが、「当たり前にできる対策」になるまでは、ルール(取り決め)と指導(取り組み)が必要です。

「安全はみんなを守るもの」

「品質はみんなで守るもの」

みんなの身体と免許証を守る安全のルールと、みんなの仕事と生活を守る品質のルールについて考えてみましょう。

「みんなを守るルールをみんなで決める」

「みんなで決めたルールをみんなが守る」

みんなのためのルール作りです。

「できていない人がいたら教えてあげる」

「教えてもらったら、相手に感謝をする」

教えることは教わることです。

指導する行為を通じて、実は指導する人が一番育ちます。

指導する立場になれば、まずは自分から実践しなければなりませんから。

「誰かに見られているかも」との抑止力によって行動を継続することで、いつしか習慣として「誰も見ていなくても」正しい行動ができるようになります。

特に新卒者を含む新入社員を対象に教育を実践すると、社内でのルールの必要性や整合性を再認識できます。

時に「既存社員の常識は新入社員の非常識」とも捉えて、誰にでもわかるみんなのためのルール作りを進めましょう。

まずは構内事故の防止から。

安全で利益を確保して、品質で売り上げを伸ばしましょう。

ありがとうございました。

次回は5月1日(金)を予定しております。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送・物流会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売り上げが向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2014年には698回講演。
また、全日本トラック協会主催の全国トラック運送事業者大会における交通事故防止対策の分科会で、2年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員。
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

運送・物流会社の管理者のための安全・品質向上講座 バックナンバー

ページID:00082754