第47回 ドライバーの四つの願い

社内ルール作成の第一歩は「社員全員でどこを目指すのか?」を明確にすること。

目指す姿により、社内ルールの難易度を変える(合わせる)ことが、導入段階で多くの人を巻き込める秘訣です。

たとえば、一年の間に交通事故を起こさないための社内ルールと、一生の間に交通事故に遭わないための社内ルールは違います。

ドライバーの願いを叶えるための手段が社内ルールの機能です。

それは、高校野球に置き換えれば。

「県内でベスト8に入るための練習プログラム」と「県予選をダントツで勝ち抜いて、甲子園で優勝するための練習プログラム」とは違うのと同じこと。

いくら練習プログラムを決めても、ただやるだけでは効果が減少します。

高校野球における素振りの練習しかり。

相手投手が投げ込んでくる1球ごとの球筋をイメージしながらバットを振ることと、ただ言われた回数だけバットを振ることの違い。

それは、バック走行をする際に、後方の危険を予測して下車確認をすることと、やらなければ叱られるから下車確認をしていることほどの違い。

誰もが本気で取り組めば、必ず結果は高まることを信じてやみません。

高校球児が、試合で相手チームに勝つことを目指すように。

ドライバーの場合は、他の運送会社のドライバーに、安全(給料の多さ)や品質(時間の短さ)で勝つことを願っている人もいます。

勝ちたいと思うドライバーに、勝たせるプログラム(社内ルール)を提供することで、やる気と実力を発揮されています。

バック事故の防止について、確認の方法までは定めていない道路交通法だけでは、バック事故はゼロにはできないことと同じく。

就業規則だけでは、挨拶や身だしなみや整理整頓は向上できません。

安全においては、個々の常識を行動で実践するための社内ルールを。

品質においては、相手の常識を行動で上回るための社内ルールを。

安全はドライバーが不幸にならないために。

品質はドライバーが幸せになるために。

実現するためには面倒な努力が必要です。

面倒な努力を横着せずに、丁寧に続けること。

いつしか習慣になり、面倒に思わなくなるまで。

だれひとり不幸にならず、全員が幸せになるために実践する面倒な努力。

それが社内ルールです。

まずは、ドライバーと四つの願い【安全・給料・時間・定着】への意思を確認するミーティングからお始めください。

ドライバーの四つの願いは、言うまでもなく会社にとっても目指している項目と一致します。

全社員の思いが一致していることを確認できれば、今まで以上に建設的な議論ができるはずです。

次に、四つの願いを叶えるための社内ルールを検討してください。

「面倒なことを当たり前に思えるまで継続する」ためのルールです。

最後に。

他社よりも細かく社内ルールを作成するのは、ドライバーへの愛情の強さです。

他社よりも厳しく社内ルールを指導するのは、ドライバーへの愛情の深さです。

「できるはず!」とドライバーに期待をすることは、ドライバーへの愛情の第一歩です。

ありがとうございました。

次回は5月15日(金)を予定しております。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送・物流会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売り上げが向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2014年には698回講演。
また、全日本トラック協会主催の全国トラック運送事業者大会における交通事故防止対策の分科会で、2年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員。
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

運送・物流会社の管理者のための安全・品質向上講座 バックナンバー

ページID:00084450