第192回 積極的に謙虚な運転

謙虚な姿勢が運転に表れていれば相手を怒らせない運転になり、相手も必要以上に近寄ってこないので、自身が驚かされることも少なくなるはず。積極的に謙虚な運転に取り組みましょう。

積極的に謙虚な運転

運行中の車両トラブルを回避するのが点検の技術ならば、他の運転者との交通トラブルを回避するのは運転の技術といえます。

適切な距離を確保することで相手に近づかない運転と、早めの合図により相手に迷わせたり驚かせたりすることがない運転をしましょう。

謙虚な姿勢が運転に表れていれば相手を怒らせない運転になり、相手も必要以上に近寄ってこないことから、自身が驚かされることも少なくなるはずです。

道の上では周囲を走行する運転者と直接言葉を交わすことが不可能です。
そのような道の上でのコミュニケーション不足を補うために、運転室からでも伝わる場面では手で合図をしたり、車両から発する光や音で早めに合図をしたりしましょう。

その合図により「停まる・曲がる・寄る」などの意思の伝達ならびに疎通ができれば、多くの「あおり運転」や「あおられ運転」を抑止できると考えます。

運転中に周囲の運転者への会釈を含めて手で合図をすることや、周囲を確認してから動き出すようにするために実施する指差呼称確認について触れますと、やりたくない人がやりたくない言い訳として、「片手運転になると危ないのでルール化はやめるべき」と主張します。

確かに、焦りの心理により周囲への合図や自身での確認が面倒に感じることも理解はできます。しかし、それらの会釈を含む合図や確認をすることは「安全運転な人=運転マナーが良い人」であれば誰に言われるまでもなく、どんな時にも積極的に取り組んでいるものです。

参考事例として、自転車を運転時にハンドルから片手を離してでも後続者に手信号で合図を送る人は安全運転な人が多いことに置き換えれば、理解してもらえると思います。

また、直進時において対向右折車へ先に右折することを促す際には、自車の左側をすり抜けるバイクや自転車と右折車が接触するサンキュー事故にならないことを確認したうえで「どうぞ」と合図を出すのがプロの運転の技術です。
「直進が優先でありサンキュー事故を防止する観点からも、いかなる場面でも先に右折させるべきではない」との見解は、自車の左側を確認しない人が言い放つ傲慢(ごうまん)な理屈ともいえます。

道の上では
「運転マナーが良い人」→「交通違反が少ない人」→「交通事故を起こさない人」

地に足をつけた状態では
「あいさつを相手よりも先にする人」=「自分の意思を正しく早く伝えることができる人」=「コミュニケーション能力が高い人」=「マナーが良い人」

あいさつの利点が「自分の心情や行動、ならびに自分の存在を周囲の人に一言で発信できること」だとすれば、その利点は周囲への合図も同じです。
言い換えますと、道の上での合図とはあいさつのようなものであり、普段からあいさつが苦手な人は、道の上での合図を省いてしまうのかもしれません。

道の上は見知らぬ人と「言葉を交わさないあいさつ」を繰り返すような場所かもしれません。
周囲の運転者からの言葉は聞こえなくとも「ありがとう」と言われる運転をしましょう。

謙虚な姿勢とは「控え目でおとなしく」との消極的な振る舞い方だけではなく、周囲の人への目配りができて相手の心理や状態を理解しようとする姿勢や、あいさつの場面のように相手よりも先に動こうとする積極性も含まれると思います。

積極的に「謙虚な運転」に取り組みましょう。
道の上で「運転で検挙」されることがないように。

ありがとうございました。

次回は2月26日(金)更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

運輸事業者向け販売管理システム SMILE V トラックスター

運輸業における日報管理・請求管理から実績管理まで、一連の業務を効率化。業界の慣習に対応し、運輸業の経営管理を強力にバックアップします。マスターや伝票に独自項目を追加して、オリジナル帳票の作成やデータ活用が可能です。

クラウドサービスを利用できるネットワーク型車載ステーション 富士通製 デジタルタコグラフ DTSシリーズ

FOMA網対応の3G通信モジュールを標準搭載し、カードレス運用を実現したデジタルタコグラフ。富士通がお客様と共に培ってきた運行支援ソリューションをクラウド基盤で運用することを可能にし、インターネットにつながるパソコンを用意するだけで初期費用を抑え、短期間で運行情報分析が簡単に行えます。車両の速度や時間・エンジン回転数などの車両情報と運転評価表をもとに乗務員に的確な運転指導が行えます。

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止による利益確保と輸送品質の向上による単価の向上で得た原資によって、働き方改革を実現するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として全国45都道府県で講演。
また、全日本トラック協会主催の「全国トラック運送事業者大会」における交通安全対策推進の分科会で、7年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催:2015年金沢開催:2016年度米子開催:2017年仙台開催:2018年高松開催:2019年千葉開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員
2015年度:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会ワーキンググループ」委員
2016年度:「貸切バス運転者に対して行う指導及び監督の改正検討ワーキンググループ」委員
2016年度より現在:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会」委員
2017年度より現在:熊本県トラック協会 専門アドバイザー(企業経営・労務管理)
各都道府県のトラック協会や青年部会、支部や協同組合単位での各研修会で講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00201925