第152回 一流と二流と三流の働き方の見分け方

働く人に対しては相手が何を喜ぶのかを考えつつ、相手を知ることから内部監査がはじまります。管理者が一流を目指していれば、事業所で指摘をすると喜ばれて、厳しい指摘事項もメモを取られます。

一流と二流と三流の働き方の見分け方

事業所における安全や品質の内部監査を実施する際、施設や車両に対する良い活動と改善すべき箇所を探す視点は似ています。

また、働く人に対しては相手が何を喜ぶのかを考えつつ、相手を知ることから内部監査がはじまります。

管理者が一流を目指していれば、事業所で指摘をすると喜ばれて、厳しい指摘事項もメモを取っておられます。

そして、翌日に必ずお礼のメールが届きます。

管理者が二流の状態であれば、事業所でほめると喜ばれて、退出時は笑顔で見送ってくれます。

しかし、お礼のメールはほぼ届きません。

管理者が三流から脱することをあきらめていれば、事業所への訪問を見送って放置すると喜ばれます。

その場合、こちらからメールを送信することも嫌がられます。

ご依頼の会社が掲げている安全の目標値の違いにより、内部監査の判定基準も3パターンに分類できます。

少しでも事故を減らしたい。

今よりも事故を半減したい。

これからは事故ゼロを狙う。

これらの目標値の違いは、対象項目は同じであっても「OK判定」の基準が違います。

少々のボール球でも主審が「ストライク!」と手を上げる少年野球と、プロ野球の厳格な「ストライク!」の範囲の違いにも似ています。

「絶対に事故ゼロ」との目標を達成したいのであれば、指導の項目が細かくなり安全の指摘が厳しくなるのは必然であり、指摘への反応で管理者の現在地をはかり知ることができます。

一流の管理者は、目標を超えようとします。

二流の管理者は、目標を達成しようとします。

三流の管理者は、目標の設定自体を嫌がります。

事業所の収益向上に向けた新規案件に対する初動にも、大きな違いがあります。

一流の管理者は、新しい仕事に挑戦します。

二流の管理者は、現在の仕事を調整します。

三流の管理者は、仕事の情報を遮断します。

安全や営業などの担当職への取り組みだけでなく、働き方への考え方にも違いがあるようです。

一流の管理者は、責任を果たそうとします。

二流の管理者は、義務を果たそうとします。

三流の管理者は、権利の主張は超一流です。

勤務時間外でも、観察を続ければ「違い」を聞き分けることができます。

一流の管理者は、朝礼や会議で積極的に建設的な発言をします。

二流の管理者は、休憩や昼食時のたわいもない話題が豊富です。

三流の管理者は、懇親会で愚痴を並べて二次会で毒を吐きます。

もちろん職場では他の管理者との比較が容易で、態度で違いを明確に知ることができます。

一流の管理者は、上司の指導にうなずく。

二流の管理者は、上司の指導にむかつく。

三流の管理者は、上司の指導に立てつく。

経営者は、上司の指導に対する管理者の柔軟さや素直さも評価しています。

一流の管理者は、行動に反映しようとします。

二流の管理者は、まずは反対しようとします。

三流の管理者は、すぐに反発しようとします。

社員が仕事をしているつもりでも、収支や業績に表れなければ、経営者は管理者に不満を抱くものです。

社員は、与えられた仕事をします。

管理者は、任された数値を追います。

経営者は、経営の方針を決断します。

会社とは、自分と違うタイプの人が集まる場所です。

仕事とは、自分がやりたくないこともやらなければならない時間です。

社内では「自分だけが上司から指摘を受けている」と落ち込む場面があるかもしれません。

それはあなただけへの会社からの期待の表れであり、自身で自分の目標や壁を乗り越えさせようと応援している上司からの愛情表現かもしれません。

そう考えれば「会社という場所」や「仕事という時間」にも、新たな楽しさを見い出せるかもしれません。

ありがとうございました。

次回は7月19日(金)更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

運輸事業者向け販売管理システム SMILE V トラックスター

運輸業における日報管理・請求管理から実績管理まで、一連の業務を効率化。業界の慣習に対応し、運輸業の経営管理を強力にバックアップします。マスターや伝票に独自項目を追加して、オリジナル帳票の作成やデータ活用が可能です。

クラウドサービスを利用できるネットワーク型車載ステーション 富士通製 デジタルタコグラフ DTSシリーズ

FOMA網対応の3G通信モジュールを標準搭載し、カードレス運用を実現したデジタルタコグラフ。富士通がお客様と共に培ってきた運行支援ソリューションをクラウド基盤で運用することを可能にし、インターネットにつながるパソコンを用意するだけで初期費用を抑え、短期間で運行情報分析が簡単に行えます。車両の速度や時間・エンジン回転数などの車両情報と運転評価表をもとに乗務員に的確な運転指導が行えます。

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止による利益確保と輸送品質の向上による単価の向上で得た原資によって、働き方改革を実現するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2018年度には1032回講演。
また、全日本トラック協会主催の「全国トラック運送事業者大会」における交通安全対策推進の分科会で、6年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催:2015年金沢開催:2016年度米子開催:2017年仙台開催:2018年高松開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員
2015年度:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会ワーキンググループ」委員
2016年度:「貸切バス運転者に対して行う指導及び監督の改正検討ワーキンググループ」委員
2016年度より:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会」委員
2017年度より:熊本県トラック協会 専門アドバイザー(企業経営・労務管理)
各都道府県のトラック協会や青年部会、支部や協同組合単位での各研修会で講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-369-877

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00167682