第147回 ミスをするから確認を

「人生において一度も忘れ物をしたことがない」と断言できる人は、おそらくいないでしょう。一方で、「忘れ物」になる前に確認をしたことで「忘れ物」を発見できて、事なきを得た経験は誰にもあるでしょう。「人は確認をしなければ必ずミスをする状態」にあると言えます。

ミスをするから確認を

「人生において一度も忘れ物をしたことがない」と断言できる人は、おそらくいないでしょう。

一方で、「忘れ物」になる前に確認をしたことで「忘れ物」を発見できて、事なきを得た経験は誰にもあるでしょう。

忘れ物というミスをしない人はいません。

結果的に、忘れ物というミスをしていない人は確認をしています。

言い換えると「人は確認をしなければ必ずミスをする状態」にあると言えます。

安全においても「見る」と「確認する」の違いにより、安全の結果に違いが生じます。

見るとは、ただ見えている範囲のものを見ているだけの状態。

確認するとは、見えるものの中で危ないものを探しつつ、見えていないものは予測をして対処すること。

横断歩道上に歩いている人がいないかを「見る」ことと、横断歩道上はもちろんのこと、予測により視野を広げて、横断歩道を渡ろうとする人がいないかを「確認する」ことの違いです。

ドライバーが走行中に指差呼称等による確認をすることで、停まろうとします。

停まろうとすることにより減速ができています。

安全を確認してから動き出そうとすることで、次の動作までの秒数を稼ぐことができます。

確認にいつもよりも一秒多く時間を掛けるだけで、正しく判断できる時間を稼ぎ、動作や操作のミスを防止することができます。

例えば、先頭位置での信号待ちの状態から発進する際にも、確認により発進を遅らせて他車を先に動かすことで、横断歩道上に残っている人と接触する事故の第一当事者になるリスクを軽減できます。

バック事故発生時の検証においては「接触の対象物(屋根や駐車車両や柱など)の存在を確認により認識していたか?」を確認しましょう。

「降車確認」等により認識できていれば、多くのバック事故を回避できたはずです。

ちなみにバック事故の対象物の多くは「動かないもの」です。

ドライバーが確認により対象物を認識していれば、多くのバック事故は回避できる状態にあると言えます。

また、認識していれば「ゆっくり接近」しようとするために、事故発生時にも事故の被害を小さくすることができます。

さらには、見えるものを見るのは「気付く」の行為であり、見えないものも見えるようにする努力が「確認」の行動です。

「見えている範囲のみを見る」ことと、バック時の降車確認や交差点通過時の首や上半身を動かす確認ことで「見える範囲を広げる確認」。

「見る」と「確認」のやり方の違いを発信しましょう。

「見る」と「確認」の違いは、新聞や本を「見る」と「読む」とのやり方の違いにも似ています。

同じく文字や数字が記載された伝票は、「見る」のではなく「読む」ことで、間違いがないかを確認できます。

安全も「危険を先読みする」ことで、判断や行動の時間を稼ぐことができて、危険への対処により無事故の期間を長くすることができます。

ありがとうございました。

次回は5月10日(金)更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

運輸事業者向け販売管理システム SMILE V トラックスター

運輸業における日報管理・請求管理から実績管理まで、一連の業務を効率化。業界の慣習に対応し、運輸業の経営管理を強力にバックアップします。マスターや伝票に独自項目を追加して、オリジナル帳票の作成やデータ活用が可能です。

クラウドサービスを利用できるネットワーク型車載ステーション 富士通製 デジタルタコグラフ DTSシリーズ

FOMA網対応の3G通信モジュールを標準搭載し、カードレス運用を実現したデジタルタコグラフ。富士通がお客様と共に培ってきた運行支援ソリューションをクラウド基盤で運用することを可能にし、インターネットにつながるパソコンを用意するだけで初期費用を抑え、短期間で運行情報分析が簡単に行えます。車両の速度や時間・エンジン回転数などの車両情報と運転評価表をもとに乗務員に的確な運転指導が行えます。

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止による利益確保と輸送品質の向上による単価の向上で得た原資によって、働き方改革を実現するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2018年度には1032回講演。
また、全日本トラック協会主催の「全国トラック運送事業者大会」における交通安全対策推進の分科会で、6年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催:2015年金沢開催:2016年度米子開催:2017年仙台開催:2018年高松開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員
2015年度:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会ワーキンググループ」委員
2016年度:「貸切バス運転者に対して行う指導及び監督の改正検討ワーキンググループ」委員
2016年度より:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会」委員
2017年度より:熊本県トラック協会 専門アドバイザー(企業経営・労務管理)
各都道府県のトラック協会や青年部会、支部や協同組合単位での各研修会で講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00165173