第146回 一流の社会人を目指して

人が集まる良い会社とは「社員を一流に育ててくれる会社」だと思います。人を「集める会社」が注力するのが採用ならば、人が「集まる会社」で注力しているのは教育です。

一流の社会人を目指して

運送業界に限らず、働く人の不足が進む現代において、求人活動では「給料の高さ」や「時間の短さ」や「休日の多さ」などの勤務条件が、求職者から選ばれるための条件として注目されています。

求人活動は、会社の存在を示すWEB戦略や、イベント開催や映像等で会社の見せ方を良くして、人を集めることができます。

しかしながら、本来の人が集まる良い会社とは「社員を一流に育ててくれる会社」だと思います。

「集める会社」よりも、「育てる会社」が「集まる会社」であると言うこと。

人を「集める会社」が注力するのが採用ならば、人が「集まる会社」で注力しているのは教育です。

採用の結果、事業規模の拡大により会社の認知を高めます。

教育の結果、事業内容の充実により会社の価値を高めます。

採用は会社にとってゴールではなく、働く人に対する教育のスタート地点です。

採用前に行うのは「会社の説明」ですが、入社後は「会社で教育」です。

新入社員に対しては「説明以上の教育」として、社会人の「心構え以上の目標」について伝えるべきことがあります。

「一人前の社会人」を目指すならば、他の人に心配をさせないように報告をして、迷惑を掛けないように判断して行動すること。

「二人前の社会人」を目指すならば、他の人が模範にしたくなる行動や言動で、周囲に良い影響を与えようとすること。

一人前とは自分のことは自分でできることであり、二人前とは自分のことだけでなく他の人の支援や指導もできること。

「一流の社会人」を目指すならば、他の人が真似をできないことができるよう、他の人が真似のできない努力をすること。

「超一流の社会人」を目指すならば、新たな発想や提案で会社だけでなく業界や社会をも牽引するよう、他の人がやっていない勉強もすること。

上司は部下との会話時に、常に相手の段階を見極めながら対応を変えましょう。

幼稚園で園児が、遊ぶ道具の後片付けができたら褒められるように。

職場で社員が、仕事道具の後片付けをしなかったら叱られるように。

「すごい!」と褒めてのみ伸びる(伸ばす)のは園児に向けた躾。

相手を認めながら、時に「あなたらしくない」と叱って伸びる(伸ばす)のは社員に向けた教育。

叱ると機嫌を悪くして怒るのは、部下が一流に達していない証拠。

褒めると機嫌を悪くして黙るのは、一流の部下に近づいている証拠。

自分に似た人に近づき、賛同の意見に心地よさを覚えるのは二流の弱さ。

自分と違う考え方の意見を積極的に聞いてから判断するのが一流の強さ。

上司としては、相手の段階により「少し上」を目指すように向上心を掻き立てて、本人の努力で「できた!」との成功を体験させましょう。

しかしながら、「これで良い」や「自分はできている」と有頂天になった時点で、社会人としてはピークを迎えてしまい、以降は過信により下り坂を歩むことになります。

目標を達成したら次の「少し上」を目指すような仕掛けを続けて、部下に常に夢を与えるだけでなく、部下が挑戦により実力と成功による自信を兼ね備えるようにするのが「育てる会社の育てる上司」であり、「部下が憧れる理想の上司」です。

「少し上」を「雲の上」と感じさせないことが、「人の上」に立つ人に求められる資質と言えます。

一流になれば、努力で得た実力と周囲からの評価で給料は稼げるでしょう。

一流になれば、自分の器量で休日や時間を確保することもできるでしょう。

一流になれば、責任がやりがいになり、働く意欲がいつまでも安定します。

一流の社会人を教育により輩出できる業界であること。

それが「人が集まる業界」になる手段であり条件です。

ありがとうございました。

次回は4月19日(金)更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

運輸事業者向け販売管理システム SMILE V トラックスター

運輸業における日報管理・請求管理から実績管理まで、一連の業務を効率化。業界の慣習に対応し、運輸業の経営管理を強力にバックアップします。マスターや伝票に独自項目を追加して、オリジナル帳票の作成やデータ活用が可能です。

クラウドサービスを利用できるネットワーク型車載ステーション 富士通製 デジタルタコグラフ DTSシリーズ

FOMA網対応の3G通信モジュールを標準搭載し、カードレス運用を実現したデジタルタコグラフ。富士通がお客様と共に培ってきた運行支援ソリューションをクラウド基盤で運用することを可能にし、インターネットにつながるパソコンを用意するだけで初期費用を抑え、短期間で運行情報分析が簡単に行えます。車両の速度や時間・エンジン回転数などの車両情報と運転評価表をもとに乗務員に的確な運転指導が行えます。

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止による利益確保と輸送品質の向上による単価の向上で得た原資によって、働き方改革を実現するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2018年度には1032回講演。
また、全日本トラック協会主催の「全国トラック運送事業者大会」における交通安全対策推進の分科会で、6年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催:2015年金沢開催:2016年度米子開催:2017年仙台開催:2018年高松開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員
2015年度:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会ワーキンググループ」委員
2016年度:「貸切バス運転者に対して行う指導及び監督の改正検討ワーキンググループ」委員
2016年度より:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会」委員
2017年度より:熊本県トラック協会 専門アドバイザー(企業経営・労務管理)
各都道府県のトラック協会や青年部会、支部や協同組合単位での各研修会で講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00164670