第171回 脇見運転と前方不注意との違い

ドライバーの交通事故を「発生前」に指導して防止するのが、運送会社の管理者の役割です。交通事故につながる交通違反が車内で発生する前に管理者が社内で指導しましょう。

脇見運転と前方不注意との違い

トラックドライバーによる追突事故の8割以上が、停車している車両に追突しています。

その原因の多くは脇見運転であり、初めての道は「車外への脇見」が多く、慣れた道では「車内での脇見」が多くなる傾向であり、運転中に車窓からの景色に目をやることや、車内で飲み物に手を伸ばしたりラジオやエアコンの調整をしたりする無自覚の脇見運転は、だれしも経験ゼロとは言い難いはずです。

運転中の危険行為と広く認知されている脇見運転も、携帯電話の使用などを除けば交通違反にはなりません。

脇見をしながら運転をしていても交通違反で検挙されるようなことはなく、脇見運転により前方が不注意の状態に陥ることで追突事故が発生すれば、その脇見運転は前方不注意との言い回しに変わり、前方不注意は安全運転義務違反に該当する違反行為として取り扱われます。

つまり、脇見運転と前方不注意は同じ行動でありながら、行動の結果として「交通事故の有無」により、脇見運転が前方不注意の言い回しに変わるだけであるということ。

無自覚を含む脇見の行動は警察官や管理者からは見えない車内で行われるため、誰にも見られていないから脇見運転をしてもいいのではなく、自身が前を見るために脇見運転をしないようにと自分を律することでしか効果的な対策が見当たりません。

場所を探しながらの地図を見ながら運転にならないように、地図は運転室ではなく貨物室に置くなど、「脇見をしない」ではなく「脇見ができない」ように運転環境作りにも取り組みましょう。

また、車窓から見える春の風物詩である沿道の桜並木や入学式などの人の群れに対しては、自身が脇見をしていなくても前車の運転者が脇見をして、急停車などの危険運転になることも想定されます。

そのような道では「前方車両が停まるかもしれない」と予測して、前車のリアガラス越しに運転者の行動を確認しようとすることや、急停車にも対応できるように車間距離を長めに確保することも重要です。

「車間距離の長さ」は「前車との速度の差」にも比例します。

「車間距離の長さ」は「無事故日数の長さ」にも比例します。

前車との車距離だけでなく、運転中に足元に落ちた物を拾おうと脇見運転になることがないよう車内空の整理整頓にひと手を掛けることや、早目に小まめな休憩時の設定などの「の使い方」が適切ではないドライバーほど追突事故の可能性が高くなります。

走行中の車間距離を長めに確保すれば、追突事故を防止できます。

信号待ちで停車中の車間距離を長めに確保すれば、運転マナーが良く映ることで交通クレームの発生や「あおられる」などの交通トラブルを防止できます。

後突事故は後進中に「やるべきことをやらなかった」時に発生します。

追突事故は前進中に「やってはならないことをやっていた」時に発生します。

交差点事故は「相手に怪我(けが)を負わせる」ことが多くなります。

追突事故は「ドライバーが怪我をする」ことが多くなります。

ドライバーの交通事故を「発生前」に指導して防止するのが、運送会社の管理者の役割です。

ドライバーに警察官が指導するのは、交通事故が「発生後」のことです。

交通事故発生後にドライバーが署内で指導されないよう、交通事故につながる交通違反が車内で発生する前に管理者が社内で指導しましょう。

ありがとうございました。

次回は4月24日(金)更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

運輸事業者向け販売管理システム SMILE V トラックスター

運輸業における日報管理・請求管理から実績管理まで、一連の業務を効率化。業界の慣習に対応し、運輸業の経営管理を強力にバックアップします。マスターや伝票に独自項目を追加して、オリジナル帳票の作成やデータ活用が可能です。

クラウドサービスを利用できるネットワーク型車載ステーション 富士通製 デジタルタコグラフ DTSシリーズ

FOMA網対応の3G通信モジュールを標準搭載し、カードレス運用を実現したデジタルタコグラフ。富士通がお客様と共に培ってきた運行支援ソリューションをクラウド基盤で運用することを可能にし、インターネットにつながるパソコンを用意するだけで初期費用を抑え、短期間で運行情報分析が簡単に行えます。車両の速度や時間・エンジン回転数などの車両情報と運転評価表をもとに乗務員に的確な運転指導が行えます。

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止による利益確保と輸送品質の向上による単価の向上で得た原資によって、働き方改革を実現するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2018年度には1032回講演。
また、全日本トラック協会主催の「全国トラック運送事業者大会」における交通安全対策推進の分科会で、6年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催:2015年金沢開催:2016年度米子開催:2017年仙台開催:2018年高松開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員
2015年度:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会ワーキンググループ」委員
2016年度:「貸切バス運転者に対して行う指導及び監督の改正検討ワーキンググループ」委員
2016年度より:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会」委員
2017年度より:熊本県トラック協会 専門アドバイザー(企業経営・労務管理)
各都道府県のトラック協会や青年部会、支部や協同組合単位での各研修会で講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00191139