第179回 無災害を願い無事故は狙う

自然災害は発生を想定しながら減災の取り組みを展開し、交通事故は運転する人への安全の教育により、発生自体を遠ざけたり防止したりすることができます。「無災害を願い無事故は狙う」ために必要なこととは?

無災害を願い無事故は狙う

「災害が忘れる前に次から次へとやってくる」といわれるほど、近年は過去最大級と報道されるような自然災害が多く発生しており、いつでも何事にも油断できないような状況です。

車両を運転中は、交通事故の発生によりその人にとって人生最大級の危機に一瞬で陥る危険性があり、自然災害の発生有無に関わらずいつでも何人でも油断できないような状態です。

自然災害が発生すれば多くの人が被災者になりますが、交通事故には不幸な被害者だけでなく、世間から加害者として扱われる人が必ず一人は生まれてしまいます。

だからこそ、社会における自然災害への関心の高まりと同じく、社有車を有する会社としては社員が加害者にも被害者にもならないよう、交通事故が発生する前に安全の教育を実施しましょう。

残念ながら自然の猛威を前にすれば人は無力なもので、甚大な被害が生じる自然災害の発生は人の力で防止することができません。

そのような自然災害と比較して、交通事故は人的災害であることが多いものです。

自然災害には発生を想定しながら減災の取り組みを展開しますが、交通事故は運転する人への安全の教育により、人の努力で発生自体を遠ざけたり防止したりすることができます。

言い換えると、自然を相手にした場合は「無災害を願う」ことしかできませんが、人が対象の交通事故は「無事故は狙う」ことができます。

一方で、降雨による自然災害については事前に天気予報で危険を想定することができ、外出を控えたり避難の準備を確認したりするなどの対処ができますが、交通事故には予報がなく前触れなしに発生するものです。

しかしながら、交通事故を含むトラブルやミスを起こしそうな日には、なんとなく「虫の知らせ」を感じることもあるようです。その予兆を一番先に感じるのは本人でありながら予兆から目を背けていることも多く、残念ながら本人以外には予兆の有無を判別しにくいものです。

運送業界の活躍は、自然災害の発生時にはその様子が日常よりも数倍増しで報道されるため、社会で広く認知をされます。

平常時から経済や生活を支えている運送業界の存在は、水や空気と同じく欠かせない機能として、社会においては良い意味でも悪い意味でも「当たり前」の存在です。

運送会社のドライバーが平常時と同じ仕事をしても、自然災害発生時には「ありがとう」と数倍増しでの称賛や感謝をされます。

ライフラインとして代表的なのは「電気・ガス・水道」ですが、それらに続く二列目のライフラインとして「電話・インターネット・運送」が思い浮かびます。

上記のライフラインの中で、届ける人の姿が見えるのが運送であり、働く人の力や温かさをじかに感じられるのも運送です。

自然災害により「道路寸断→人が移動するための交通が寸断」だけでなく「道路寸断→人が人に物を届けるための物流が寸断」と解釈されるようになるためにも、運送業界は「運ぶ安全」だけでなく「届ける品質」にも日ごろから取り組まなければなりません。

運送会社で働く人も多忙な日々の中で「物を動かす」ことに躍起になり、いつしか「人に届ける」との運送の仕事の本質を忘れることがあるかもしれません。

運送業界の「人に届ける」との使命を思い返すことも、自然災害などの有事発生時なのかもしれません。

ドライバーへの安全教育も、自社のドライバーが交通事故を起こしてから開始したり再開したりすることも散見されます。

自然災害の有無に関わらず、今日もいつもの目的地へ向かうドライバーがいます。
いつものようにドライバーの無事の到着を待っておられる配送先の皆様がいます。
今日も無事の帰着を待っている運送会社の管理者やドライバーのご家族がいます。

自然災害や交通事故が発生する前に、社内で誰かが発声しましょう。
運送業界の使命とは人の命をつなぐこと。
運送会社の使命は働く人の命を守ること。

ありがとうございました。

次回は8月21日(金)更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

運輸事業者向け販売管理システム SMILE V トラックスター

運輸業における日報管理・請求管理から実績管理まで、一連の業務を効率化。業界の慣習に対応し、運輸業の経営管理を強力にバックアップします。マスターや伝票に独自項目を追加して、オリジナル帳票の作成やデータ活用が可能です。

クラウドサービスを利用できるネットワーク型車載ステーション 富士通製 デジタルタコグラフ DTSシリーズ

FOMA網対応の3G通信モジュールを標準搭載し、カードレス運用を実現したデジタルタコグラフ。富士通がお客様と共に培ってきた運行支援ソリューションをクラウド基盤で運用することを可能にし、インターネットにつながるパソコンを用意するだけで初期費用を抑え、短期間で運行情報分析が簡単に行えます。車両の速度や時間・エンジン回転数などの車両情報と運転評価表をもとに乗務員に的確な運転指導が行えます。

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止による利益確保と輸送品質の向上による単価の向上で得た原資によって、働き方改革を実現するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2018年度には1032回講演。
また、全日本トラック協会主催の「全国トラック運送事業者大会」における交通安全対策推進の分科会で、6年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催:2015年金沢開催:2016年度米子開催:2017年仙台開催:2018年高松開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員
2015年度:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会ワーキンググループ」委員
2016年度:「貸切バス運転者に対して行う指導及び監督の改正検討ワーキンググループ」委員
2016年度より:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会」委員
2017年度より:熊本県トラック協会 専門アドバイザー(企業経営・労務管理)
各都道府県のトラック協会や青年部会、支部や協同組合単位での各研修会で講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00194855