2021年度 IT導入補助金

IT導入補助金2021について、制度の概要や申請にあたって必要な情報をご紹介します。

IT導入補助金とは

「IT導入補助金2021」は経済産業省管轄の事業であり、中堅・中小規模事業者が自社の課題やニーズに則したITツール導入にかかる経費の一部を補助する制度で、最大450万円の補助金を受け取ることができます。大塚商会もIT導入支援事業者として登録し、お客様のIT導入補助金申請作業を多数支援しています。

業務効率化、売り上げアップ、DX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みを支援する制度であり、DX基盤として提供している「DX統合パッケージ(SMILE & eValue Vシリーズ)」も補助金対象のITツールとして登録されています。

お客様の課題やニーズに則したITツールの選定から、補助金の申請を無料でサポートしますので、お気軽にご相談ください。

対象製品や補助金の活用方法など、お気軽にお問い合わせください。

問い合わせる

補助額の算出方法

IT導入補助金の対象

補助金対象者

事業者業種・組織形態資本金従業員数(常勤)
資本金・従業員規模の一方
が、左記以下の場合対象
(個人事業を含む)
(1)製造業、建設業、運輸業3億円300人
(2)卸売業1億円100人
(3)サービス業5,000万円100人
(4)小売業5,000万円50人
(5)ゴム製品製造業3億円900人
(6)ソフトウェア業または情報処理サービス業3億円300人
(7)旅館業5,000万円200人
(8)その他業種(上記以外)3億円300人
その他の法人(9)医療法人、社会福祉法人、学校法人300人
(10)商工会・都道府県商工会連合会および商工会議所100人
(11)中小企業支援法第2条第1項第4号に規定される中小企業団体主たる業種に記載の従業員規模
(12)特別な法律によって設立された組合またはその連合会
(13)財団法人(一般・公益)、社団法人(一般・公益)
(14)特定非営利活動法人

補助金対象となるもの

ソフトウェア・パッケージ購入費用

クラウドサービス利用料

導入関連費用

  • * 対象外:月額保守料金、カスタマイズ費用、追加ライセンスやリビジョンアップ費用

IT導入補助金2021 公式Webサイト

大塚商会取り扱いIT導入補助金対象ツール例

基幹系システムと情報系システムのデータベースを統合し、シームレスな情報連携を実現した、DX基盤となるERPパッケージシステム

SMILE V

業種・業態に特化した中堅・中小企業向けの生産管理システム

生産革新ファミリー

アパレル業界やファッション業界特有の業務をトータルでサポートする販売管理システム

ApaRevo

その他多くのITツールがIT導入補助金の対象として登録がございます。補助金を活用して業務効率化をご検討の際は、お気軽にご相談ください。

問い合わせる

2021年度IT導入補助金 スケジュール

類型A類型B類型C類型(-1、-2)D類型
交付申請期間2021年4月7日(水)受付開始~終了時期は後日案内予定
締切日1次締切分:5月14日(金)17:00
2次締切分:7月30日(金)17:00(予定)
3次締切分:9月中(予定)
交付決定日1次締切分:6月15日(火)
2次締切分:8月31日(火)(予定)
3次締切分:10月中(予定)
  • * 申請手続きに時間を要すため、当社内の締め切りが国の締め切り日より早まる場合があります。
  • * C・D類型のみ2021年1月8日以降に申し込みや契約行為が行われたものも対象となります。(A・B類型は対象外)

2021年度IT導入補助金 種類

今年度の申請類型はA・B・C・Dの4種類

類型A類型B類型C-1類型C-2類型D類型
補助金申請額30万円~150万円未満150万円~450万円以下30万円~300万円未満300万~450万円以下30万~150万円以下
補助率1/2以内2/3以内
プロセス数(注)1以上4以上2以上
非対面化ツール必須
賃上げ目標加点項目必須要件加点項目必須要件加点項目
  • (注) 「プロセス」とは、業務工程や業務種別のこと。

補助対象

A類型・B類型

ソフトウェア購入費用および導入するソフトウェアに関連するオプション・役務の費用

補助対象経費の考え方
「交付決定日以降」にITツールの契約・納品・支払いが行われるもの

C-1類型・C-2類型・D類型

ソフトウェア購入費用および導入するソフトウェアの利用に必要不可欠なハードウェアのレンタル費用と関連するオプション・役務の費用

補助対象経費の考え方
「交付決定日以降」にITツールの契約・納品・支払いが行われるもの、あるいは「2021年1月8日以降」にITツールの契約・納品・支払いが行われ、交付申請までに当該ITツールとそれを提供するIT導入支援事業者が事務局に登録されたもの

導入ツール要件

A類型・B類型

類型ごとのプロセス要件を満たすものであり、労働生産性の向上に資するITツールであること。(C、D類型においても当該要件は前提条件)

C-1類型・C-2類型

上記A、B類型の要件に加え、複数のプロセス間で情報連携し複数プロセスの非対面化や業務の更なる効率化を可能とするITツールであること。

D類型

上記A、B類型の要件に加え、テレワーク環境の整備に資するクラウド環境に対応し、複数プロセスの非対面化を可能とするITツールであること。

IT導入補助金2021 公式Webサイト

今年度からの特別枠 C類型・D類型について

低感染リスク型ビジネス類型(C・D類型)

ポストコロナの状況に対応したビジネスモデルへの転換に向けて、労働生産性の向上とともに感染リスクにつながる業務上での対人接触の機会を低減するような業務形態の非対面化に取り組む中⼩企業・小規模事業者等に対して、通常枠(A・B類型)よりも補助率を引き上げて優先的に支援するものです。

C類型(低感染リスク型ビジネス類型)

複数のプロセス間で情報連携されるツールを導入し、複数のプロセスの非対面化や業務のさらなる効率化を行うことを目的とした事業

D類型(テレワーク対応類型)

テレワーク環境の整備に資するクラウド対応ツール導入し、複数のプロセスの非対面化を行うことを目的とした事業

補助対象経費区分
ソフトウェア費、導入関連費、ハードウェアレンタル費
補助率
2/3以内
類型および補助下限額・上限額
C類型:30万円から450万円以下
D類型:30万円から150万円以下

IT導入補助金2021 低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)

申請・手続きの流れ

中小企業・小規模事業者等とITベンダー・サービス事業者で、申請・手続きの内容が異なります。下記の申請・手続きの概要をご確認ください。

「事業実績報告」「事業実績効果報告」は中小企業・小規模事業者等が作成(入力)した内容をもとに、報告を行います。

IT導入補助金2021 スケジュール

IT導入補助金の申請をご検討している皆さまへ

IT導入補助金の事業概要やスケジュール、申請・手続きの流れなど、詳細は以下のIT導入補助金2021公式サイトのリンクからご確認ください。

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00209738