LIFELENS紹介動画[4分27秒]

動画提供:パナソニック株式会社

再生時間:4分27秒
* この動画には音声が含まれます。再生時には音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調整してください。

Panasonic製みまもりシステム「LIFELENS」(ライフレンズ)の導入メリットや機能、導入効果を動画でご紹介します。

関連製品

動画サマリー

動画の要点をご紹介します。

介護のそばに、私のそばに。LIFELENS(ライフレンズ)を動画でご紹介します。

介護の業務の一つとして、夜間にお部屋を巡回する。

起こしてしまわないかな……。
起こしてしまう……ときがある。

でも今は、PanasonicのLIFELENS(ライフレンズ)がある。

Panasonicのセンシング技術によって、ご入居者のお部屋での状況や生活リズムをリアルタイムで把握できるLIFELENS(ライフレンズ)。

ヒトの五感をアシストするみまもりで介護スタッフの精神的・時間的なゆとりを生み出し、介護サービスの質の向上を実現します。

シートセンサーはベッド上での動きや拍動・呼吸による微細体動を検知。ベッド上での安否をはじめ、在床状況や睡眠リズムなどを把握できます。

居室内に設置されたVieureka(ビューレカ)カメラを利用することで、必要に応じてお部屋の様子を映像で確認できます。介護スタッフは訪室せずに、遠隔からお部屋を目視することができます。

介護スタッフは、パソコンまたはスマートフォンで情報を確認できます。

ひと目で分かりやすいアイコンでお部屋ごとの状況が表示されるため、対応が必要なお部屋を瞬時に把握することが可能です。

対応後は定型文などを用いて、かんたんに記録を残すことができます。

在床・離床は、訪室せずにみまもりビューアーで把握。

ヒトの目では把握しづらいご入居者の生活リズムも、LIFELENS(ライフレンズ)のサポートで把握。個別ケアの検討に役立てられます。

エアコンで室温を感知し、高温のお部屋はシステムが通知。離れた場所からエアコンを操作することが可能です。

このようにヒトの五感をアシストするLIFELENS(ライフレンズ)のセンシングテクノロジーが、介護スタッフに代わってご入居者のお部屋での正確な状況を24時間365日しっかりみまもります。

これまで「まず駆けつけて、目で見て確認」していたご入居者の状況把握は、「みまもりビューアーで状況確認」し、必要に応じて「Vieureka(ビューレカ)カメラの映像でも確認」してから訪室の必要性を判断する介護に変わります。

「まず訪室」から「見て訪室」へ。介護スタッフの行動を大きく変える「LIFELENS(ライフレンズ)のある介護」は、介護スタッフとご入居者のQOLを高めるソリューションです。

全部屋訪室して状況確認していたときに比べ、巡視時間は91%削減されたという測定結果があります。

またLIFELENS(ライフレンズ)は導入後もアップデートによって進化していきます。

介護のそばに、私のそばに。LIFELENS(ライフレンズ)がある介護を始めましょう。

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00207024