製品、サービスに関するご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・問い合わせる

ApaRevo 活用コラム

基幹システムの軽減税率対応について

いよいよ2019年10月1日から、消費税および地方消費税の税率が8%から10%に引き上げられるのと同時に、消費税の軽減税率制度が実施されます。これにより消費税等の税率は軽減税率(8%)と標準税率(10%)の複数税率となります。消費者には優しいとされる一方で、企業側には事務処理の負担が増えることが予想され、システム処理もこれまでに比べて複雑になります。何となく「食品だけは税率据え置きなのでしょう?」程度にお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、基幹システムでは考慮すべきポイントが何点かありますので、簡単にご紹介します。

基幹システムの軽減税率対応について

株式会社大塚商会
首都圏ソリューショングループ
アパレル/ライフデザインSPソリューション課
拝司 雅彦

いよいよ2019年10月1日から、消費税および地方消費税の税率が8%から10%に引き上げられるのと同時に、消費税の軽減税率制度が実施されます。これにより消費税等の税率は軽減税率(8%)と標準税率(10%)の複数税率となります。消費者には優しいとされる一方で、企業側には事務処理の負担が増えることが予想され、システム処理もこれまでに比べて複雑になります。何となく「食品だけは税率据え置きなのでしょう?」程度にお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、基幹システムでは考慮すべきポイントが何点かありますので、簡単にご紹介します。

レジシステムを含めたシステム伝票内の複数税率対応

店頭で食品と雑貨を一緒に購入した場合、POSレジシステム上では食品は軽減税率8%、雑貨は標準税率10%で消費税計算を行う必要があります。また、現在は外税表記かつ伝票単位で消費税計算をされているお客様も多いかと思いますが、レシートには課税対象額および消費税額についても税率ごとに表記を行い、明細部には軽減税率対象かどうかが分かるように※等の印をつける必要が出てきます。

また今回の改正で混乱を大きくしたのが、“イートインを含む外食については軽減税率対象外とする”の条件で、例えば店内に椅子とテーブルが設置してあって、お客様が店内か持ち帰りかを選択できる場合、POSレジシステム上では同じ商品であっても税率を選択できる機能が必要となります。

帳簿および請求書等の記載と保存

課税事業者の方が仕入税額控除の適用を受けるためには、区分経理に対応した帳簿および区分記載請求書等の保存が必要となります。(区分記載請求書等保存方式)

先ほどのPOSレジシステムでのレシート表記と同じように、月締めで発行する請求書にも、“軽減税率の対象品目である旨”と“税率ごとに合計した税込対価の額”が分かるように表記することが必要です。

当社の基幹システム「ApaRevo」でも、パッケージシステムとしては上記の複数税率対応や請求書対応はバージョンアップで対応をしていますが、POSレジシステムや他システムと連携する場合やカスタマイズを実施している場合は、個別の対応が必要となる場合があります。お客様から「アパレルショップでもレジ周りの一角でチョコレートを販売していたので対応したい」というご相談も頂いており、いま一度、対象商品の有無やシステムの対応状況を確認いただいた方がよいかもしれません。

[SE]2019年10月 8日

ApaRevo 活用コラムトップ

「ApaRevo」カタログダウンロード

「ApaRevo」の概要をすぐにつかんでいただけるようPDFカタログをご用意しています。無料にてダウンロード可能ですので、ご検討資料としてお役立てください。

ダウンロード資料:PDF・12ページ

カタログをダウンロードする

お問い合わせ・ご依頼はこちら

「ApaRevo」に関して、「どれくらいで導入できるの?」「今使っているシステムよりよくなる?」など気になる点はございませんか? 資料のご請求、お見積りのご依頼、実機でのデモンストレーションを見たい、などのご希望も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

パッケージシステムが稼働しない?

パッケージシステム導入で失敗した経験をお持ちの方へ

ページID:00170574