製品、サービスに関するご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・問い合わせる

ApaRevo 活用コラム

いま注目のD2Cとは?

これまでBtoB(企業対企業)やBtoC(企業対一般消費者)といった取引形態が一般的でしたが、新しい取引の形として、「D2C」という新しいビジネスモデルが近年増えています。

いま注目のD2Cとは?

株式会社大塚商会
首都圏ソリューショングループ
ASCアパレル・旅行SPソリューション課
拝司 雅彦

これまでBtoB(企業対企業)やBtoC(企業対一般消費者)といった取引形態が一般的でしたが、新しい取引の形として、「D2C」という新しいビジネスモデルが近年増えています。

「D2C」とは、「Direct to Consumer」の略で、自社で企画・製造した商品を消費者に対して直接的に販売するモデルのことを指します。Directという言葉の通り、流通業者といった他社を全く介さずに、自社ECや直営店のチャネルのみで直接消費者へ向けて販売する業態を表し、装飾品を含めたアパレル企業やコスメブランドなど、ブランド意識の強い企業で広まってきています。

「D2C」が注目されている背景として、Eコマースの台頭やSNSの普及によるところが大きいといわれています。実店舗で消費者を待つスタイルから、SNSやスマホアプリを起点に情報を直接消費者へ向けて発信することで効率的に顧客を獲得できるようになりました。

「D2C」モデルの特徴としては、以下のような点が挙げられます。

ブランドと消費者との関係づくり
SNS等を利用したブランドメッセージの配信や消費者とのコミュニケーションを通じてブランドの世界観を伝えやすく、コアファンの獲得が可能となります。製品の生産から販売までを自社で完結させることができるため、顧客の詳細なデータやフィードバックを入手可能なこともメリットとしてあります。

中間コストの削減
メーカーである企業が自社ECサイトなどを通して直接一般消費者に商品を販売するため、流通、卸業者、小売、ECモールといった中間業者をなくすことで手数料など必要となるコストを削減できるメリットがあります。

新しいビジネスモデルとして成功事例も多く出てきている「D2C」。
今後は、アパレル以外のさまざまな業界へもいっそう広がっていきそうです。

[SE]2021年2月9日

ApaRevo 活用コラムトップ

「ApaRevo」カタログダウンロード

「ApaRevo」の概要をすぐにつかんでいただけるようPDFカタログをご用意しています。無料にてダウンロード可能ですので、ご検討資料としてお役立てください。

ダウンロード資料:PDF・12ページ

カタログをダウンロードする

お問い合わせ・ご依頼はこちら

「ApaRevo」に関して、「どれくらいで導入できるの?」「今使っているシステムよりよくなる?」など気になる点はございませんか? 資料のご請求、お見積りのご依頼、実機でのデモンストレーションを見たい、などのご希望も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

パッケージシステムが稼働しない?

パッケージシステム導入で失敗した経験をお持ちの方へ

ページID:00201597