第3回 Point1 目標が明確-目標を自分で設定させる意義-

行動目標を設定する際は、本人が自分で考えて設定をするというのが、マネジメント上の大きなポイントになります。

本来、上司が決めてしまえばよいことを、あえて部下に自分で掲げさせるのは、「合意形成」のためです。自分が作った目標だという納得感を醸成させるためです。

行動目標を一方的に押し付けるのではなく、たとえ最初はおぼつかない内容であったとしても、自ら考えさせ、上司と話し合い、加筆・修正して設定することにより、社員一人ひとりが、「これが自分の目標だ」「自分が作った目標だから達成しよう」という感覚になるのです。

大手企業の多くは、こういう設定の仕方はしていません。等級や職種に応じて目標を付与しています。しかし、そうした目標は抽象的であり、自分の言葉で設定したものではないので、一人ひとりの社員からしてみればフィット感がありません。

自分自身が考えて目標を設定し、上司と話し合いながら加筆・修正すること、つまり、部下と上司がキャッチボールをして作り上げていくことで、一人ひとりの課題にベストフィットする目標を設定できるのです。

最初は上司のアドバイスも必要でしょう。しかし、慣れてくれば、それも不要になります。普段の上司のマネジメントのなかで、部下は自分の課題が分かってきます。上司と部下が熟練の域に達すれば、日々の話し合いによって課題は当然分かっているので、部下は自分の目標を完璧に仕上げ、上司は特に加筆・修正もさせずに、そのままスルーできるようにもなります。これが理想です。美しい姿です。

次回は12月12日(月)更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

あしたのチームからのお知らせ

HR業界に関するトレンドや実態調査を含むマーケットリサーチを提供

あしたのチーム総研

あしたのチーム総研とは、労働法の改正や政府の賃上げ要請、人材の流動化により労使の関係が変化、新たなものさしが求められている状況に対し、人事評価を中心にHR(注)の各種トレンドを発信する情報サイトです。
人事評価制度を中心にあした(未来)のHRに関する各種サービスに加え、業界ニュースの配信、トレンドや実態調査を含むマーケットリサーチの発信や、人事採用・評価や助成金に関する各種セミナーやイベントを実施し、直接皆様と触れ合える交流の場の提供をしています。

業界動向をいち早く配信

あしたのHRニュース

あしたのHRニュースは、採用・管理・人事考課・賃金・人材育成・サービス(クラウド勤怠管理)などの、「HR」に関する業界ニュースを配信しています。

若手優秀人材向け・市場価値向上のための有料情報サービスを提供

MVP倶楽部(R)

セミナーや体験型プログラムにより、大手企業の対極にある中小規模・ベンチャー企業の現場の様子・情報を提供する有料情報サービスです。700社以上の人事評価制度に携わり、10万人以上の評価シートを扱ってきたことで、日本のベンチャー・中小企業が求める人材像について最も多くのデータベースを有し、熟知しているあしたのチームだからこそ提供可能な「リアルな」情報と機会を提供しています。

起業志望者、社労士、コンサルの方へ上場企業から中小企業まで500社の実績を持つノウハウを公開!

あしたの人事コンサルタント

あしたの人事コンサルタントは、人事部を持つ余裕のない社員100名以下の中小・ベンチャー企業を中心に人事サービスをワンストップで提供しております。養成講座を卒業し「あしたの人事コンサルタント」として認定された方には、当社のパートナーコンサルタントとして当社の「ノウハウ・商品」を活用して事業展開が可能になります。

注:HR(Human Resources)…(会社・組織の)人的資源・人材・職員・従業員のこと

このコラム読者におすすめの製品