第109回 運送業は現場でKAKUNIN

多くの運送会社がやりたいであろう“あること”があります。それは、コストを掛けずにできること。それは、コストを掛けてもできないこと。

運送業は現場でKAKUNIN

多くの運送会社がやりたいであろう“あること”があります。

それは、コストを掛けずにできること。

それは、コストを掛けてもできないこと。

その“あること”を全員の習慣にして、会社の風土にしたいと思うのは「指差呼称確認」。

運送の現場における確認方法の優先順位は、下記の順だと思います。

1位:複数人で確認

2位:複数回の確認

3位:指差呼称確認

たとえばバック走行時に誘導者がいれば誘導してもらうことが一番良い。

しかし多くのドライバーはワンマン運行にて誘導者がいない場合が多い。

だからひとりで下車して後方を目で確認。

ひとりで仕事をしているドライバーには「指差呼称確認」が有効です。

自分の目で確かめたことを、指を指して声を出して自分を正しいと認めるのが「指差呼称確認」です。

何度も確認する時間が無いドライバーには「指差呼称確認」が有効です。

ひとりで1秒でできて、1回の確認でエラーを防止できるのが「指差呼称確認」です。

製造業では「現場をKAIZEN」が有名です。

運送業では「現場でKAKUNIN」が有効です。

交通事故の背景には、必ず要因があるものです。

その要因が人のエラーであれば、添乗指導時にはそのエラーを確認して改善します。

確認のやり方を知識として「知らなかったのか? 忘れていたのか?」

確認のやり方を行動として「できなかったのか? やらなかったのか?」

安全の結果とは確認の技術によるものであること。

ちなみに初心を忘れると怠るのは確認と報告です。

確認を怠ると仕事が「いいかげん」になり、仕事の精度が低下します。

報告を怠ると仕事が「やりっぱなし」になり、仕事の評価が低下します。

また、これからの管理者は、安全研修の社内講師と添乗指導の車内講師の「ふたつの講師」になることが期待されています。

伝えた時には相手に伝わったとしても、その後の確認を怠ってしまうと伝えたことが継続しにくくなるものです。

管理者が社内研修や掲示物で一斉に伝えたことを、ドライバーに点呼や添乗指導で個別に確認しましょう。

ドライバーが誰かを傷つけたり、何かを壊したりしてしまう前に。

管理者はドライバーを社内で確認。

ドライバーは社外や車内で確認を。

社内における管理者の確認の技術により、ドライバーの事故や失敗を未然に防ぎましょう。

安全とは目に見えないものですが、安全そうに見える人は、目に見える安全確認の方法を実践しています。

指差呼称確認は、自分が安全になって周囲の人が安心する確認方法です。

「見えない危険」を観るために「指差呼称確認」を。

「見える安全」を魅せるための「指差呼称確認」を。

人は誰でも失敗の経験があり、その失敗が道の上で運転中なら、犯罪として裁かれます。

日頃から失敗しないための行動を習慣にすることで、道の上での失敗を防ぐことができます。

失敗をしないための行動とは確認のやり方と回数。

注意をする以上の確認を。

気をつける以上の確認を。

指差呼称確認を日常的に行うことで、道の上以外での失敗も防ぐことができます。

ありがとうございました。

お知らせ

無料オンラインセミナー

運送業様のお客様向けに無料オンラインセミナーを開催します。
全国どこからでも、自席でご受講いただけます。
ご興味のある方はぜひご参加ください!

【2017年10月27日開催】重複作業を排除し事務効率が大幅にアップ! 運送業様向け 販売管理システムのご紹介
運送業における日報管理・請求管理から実績管理まで、一連の業務を効率化! (大塚商会Webサイト)

次回は10月27日(金)の更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

運輸業システム トラックスター

運輸業システム「トラックスター」は、得意先管理・傭車先管理・車両管理・運転者管理の4つをリアルタイムに連結。経理業務の軽減はもちろん、経営管理を強力にバックアップします。

クラウドサービスを利用できるネットワーク型車載ステーション 富士通製 デジタルタコグラフ DTSシリーズ

FOMA網対応の3G通信モジュールを標準搭載し、カードレス運用を実現したデジタルタコグラフ。富士通がお客様と共に培ってきた運行支援ソリューションをクラウド基盤で運用することを可能にし、インターネットにつながるパソコンを用意するだけで初期費用を抑え、短期間で運行情報分析が簡単に行えます。車両の速度や時間・エンジン回転数などの車両情報と運転評価表をもとに乗務員に的確な運転指導が行えます。

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売上が向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2016年度には969回講演。
また、全日本トラック協会主催の「全国トラック運送事業者大会」における交通安全対策推進の分科会で、4年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催:2015年金沢開催:2016年度米子開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員
2015年度:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会ワーキンググループ」委員
2016年度:「貸切バス運転者に対して行う指導及び監督の改正検討ワーキンググループ」委員
2016年度 2017年度:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会」委員
2017年度:熊本県トラック協会 専門アドバイザー(企業経営・労務管理)
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00137338