第86回 良いドライバーを演じましょう

品質に関するドライバー研修担当時には「あいさつ・身だしなみ・車輪止め」や態度を含む、ドライバーが今すぐ提供できるマナー全般をお伝えします。

それは、お伝えしたことの中から、各自がひとつ以上の「得意技」をつくっていただきたいという考え方から。

品質への取り組みは、お客様に言われてから実践するのではなく、お客様から要望やクレームが入っていない段階から始めることがおススメです。

安全と違って、品質とは筋書き(法律)の無いドラマのようなもの。

品質においては、荷台の上を含む客先の構内が“演じる”舞台のようなもの。

あいさつや言葉遣いはセリフのごとく。

笑顔や態度は振り付けのごとく。

身だしなみは衣装のごとく。

車輪止めやヘルメットは小道具のごとく。

トラックや倉庫は大道具のごとく。

経営者は脚本家のように。

管理者は舞台監督のように。

ドライバーは俳優のように。

そして、皆様が舞台の上での「ありたい姿」を演じ切るために。

客席から見るような客観的な視点と、舞台袖から発するような親身な指摘で、プロデキューブが演出します。

研修では、最初から「良い人になってください」とは言いません。

まずは「良いドライバーを演じてみましょう」とお願いします。

表情と感情と切り離せることもプロの俳優の条件。

自分の態度で相手の印象を操ることもプロの条件。

「良いドライバーのマネをする」ことから始めましょう。

演じ続けるために役づくりを試行錯誤することで、役柄が習慣になります。

そして「演じている役柄」がいつしか「十八番の演技」になり「ハマリ役」と評価されます。

その結果、周囲の人が「良いドライバー」だと評価してくれます。

研修で最後に実践するあいさつ訓練は、言わば「通し稽古」の時間。

今できる“最高の身だしなみと笑顔”を実践。

「全員でやれば恥ずかしくない」

「全員が全力でやれば格好いい」

各社の社内で品質のルールを取り決めて、全員で取り組みましょう。

経営者の品質への考え方が管理者の言動になり、ドライバーの行動に映ります。

部下の姿は上司を映す鏡の姿。

上司が鑑となり、部下に良い影響を与えましょう。

上司が部下の行動に関心を持つことで、部下が上司の考え方にも関心を持ってくれます。

品質を管理するとは、品質を“キョウイク”すること。

ドライバーに品質のルールを教えることは、教育の第一歩です。

ドライバーが品質のルールを守れることは、成長の第一歩です。

私たちは研修を通じて「ドライバーが品質のルールを守りやすくなる社風づくり」の方法を提案しています。

社風づくりのためにも「ドライバー研修には経営者や管理者も参加してください」「あいさつや身だしなみは全員で取り組みましょう」とお願いしています。

全員で「会社と社員と家族」にとってのハッピーエンドの筋書きを考えましょう。

その筋書きはドライバーを含む社員にとっての人生設計であり、運送会社にとっては事業計画にも通じます。

ありがとうございました。

次回は11月25日(金)更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送・物流会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売り上げが向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2014年には698回講演。
また、全日本トラック協会主催の全国トラック運送事業者大会における交通事故防止対策の分科会で、2年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員。
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

運送・物流会社の管理者のための安全・品質向上講座 バックナンバー

ページID:00121391