第75回 「話す・言う」以上に「伝える・確認する」

「一年間、毎日交通事故ゼロを達成すること」と「一年間、毎月安全研修を開催すること」では、どちらが簡単でしょうか?

言うまでもなく、交通事故ゼロの達成は目的であり、安全研修を開催することは目的を達成するための手段です。

「目的を達成すること」と「手段を実践すること」なら、手段を実践する方が容易です。

「目標を達成する」との決意だけでなく、「手段を実践し続ける」との熱意が必要です。

手段を実践し続けるために「研修=教育」をいつでも社内で実践できる“管理者以上の指導者である社内講師”の育成を目指しています。

社内講師の育成には、「研修を100回聞くよりも研修を1回担当すること」で、拍車が掛かります。

最近では、荷主様主催の輸送協力会社会議では「いきなり社内講師に挑戦」のコーナーを設け、管理者勉強会でドライバー研修での社内講師の実践ポイントを説明しています。

「話す・言う」以上に「伝える・確認する」ことにこだわりましょう。

聞くだけでなく相手に伝えること。

相手に伝えようとすると考えます。

誰かに聞いたことを自分が話すのではなく、自分で考えたことを相手に伝えるのです。

考えたことを相手に教えること。

教えることで、周囲の人とご自身が育ちます。

伝える人が変われば伝え方が変わり、聞く人の聞き方や質問の観点も変わるものです。

季節や地域が変われば、研修内容は変わります。

自分に相手を合わせようとせず、相手に自分を合わせることです。

管理者しか知らない“個々の情報”を駆使することにより、ドライバーに伝わる確率が高くなります。

その情報を用いることで、社内講師は外部講師を超えることができます。

各社の事故発生傾向も取り入れて、“間近で身近”な研修ができるのが社内講師の最大の特長です。

熱意を持って作成した研修資料は、社内の掲示物になり、ドライバーの“目の記憶”に残ります。

熱意を持って開催した研修内容は、会話のネタになり、ドライバーの“耳の記憶”に残ります。

慣れないうちは少人数で開催する研修の方が、社内講師を担当しやすいと思います。

最初はおそらく「もっと○○○を伝えれば良かった」と後悔することが多いでしょう。

その後悔が「話す以上に伝えたい!」への向上心につながり、研修資料の作成を含めて全力を出せる原動力になります。

たとえば日常生活においても、ニュース番組におけるキャスターの伝え方や、電車の中吊り広告のキャッチコピーにも関心が高まることでしょう。

全員が、自分ができる以上に誰かに伝えられる人になりましょう。

管理者は社内で教育ができる“社内講師”を目指しましょう。

ドライバーは車内で指導ができる“車内講師”を目指しましょう。

交通事故ゼロを達成することは、社員が幸せになるための手段です。

次回は6月24日(金)更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送・物流会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売り上げが向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2014年には698回講演。
また、全日本トラック協会主催の全国トラック運送事業者大会における交通事故防止対策の分科会で、2年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員。
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

運送・物流会社の管理者のための安全・品質向上講座 バックナンバー

ページID:00115318