第10回 人も電話もマナーモード

複数の企業で月間50回近くの研修を担当していていると、“各社の社風”が一瞬で見えることがあります。

それは研修開始時の場面。

そこに企業の姿勢が凝縮されているかのごとく、顕著に見えてくる違いを感じます。

今回のコラムは研修講師の“ひとりごと”としてお付き合いください。

多くの企業では「携帯電話はマナーモードにするか電源をお切りください」とのアナウンスから開始。

これは研修前によく発せられる確認事項ですが、私はこう考えています。

「マナーモードにするのは携帯電話だけではない」

「身だしなみや座り方等の聴く姿勢を含めたマナー」を練習して高める機会。

たとえば「着帽したままの人・頭や首にタオルを掛けている人・ふんぞり返って座り腕や足を組む人」のマナーはいかがなものか?

その人を注意しない管理者はいかがなものか?

その人を注意するためのルールがない企業はいかがなものか?

運送会社でドライバーを対象とした研修を担当することが多いのですが、安全運転などの専門的な分野を指導するのと同様もしくはそれ以上に大切なことがあります。

それはドライバーである前に会社員であるということ。

そして会社員である前に社会人です。

社会人である前に「人としてどうなのかな?」と思うシーンに遭遇することも。

良い企業の共通点は、研修開始時と終了時に起立して一礼をする行動。

起立時には全員が椅子を机の中へ入れる習慣。

途中休憩時を含めて「よろしくお願いします」「ありがとうございました」と一礼。

基本動作として全員が身に付けておられます。

その反面、良くない企業では共通の基本動作や姿勢に一体感が見えない。

研修前にマナーを促すアナウンスもなく。

案の定、研修中に着信音が鳴る。

時には席も立たずにそのまま通話を始める人も。

そういう企業の共通点は、研修の開始時刻に参集されず。

遅れていることにも悪びれず。

ここまでいけば個人の習慣を超越して社風に問題が有るのかも・・・。

最後に。

もうひとつ見えてくることがありました。

研修に臨む姿勢がその企業の業績(売上・利益・事故件数・事故金額)に比例している点。

どうやら社員教育の成果が企業の業績に直結しているようです。

社内は練習の場。

社内でできないことは出先でもできないと思います。

社内は練習の場。

だから少しぐらい極端なルールでちょうど良いとも思います。

そのルールを全員が全力で実践すれば格好いい!

社内は課題に挑戦して個々の能力を高める練習の場。

「社内で何をどのレベルを目指して練習したのか」が、社外で披露されて評価されているようです。

ありがとうございました。

次回は11月1日(金)更新の予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送・物流会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売り上げが向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2014年には698回講演。
また、全日本トラック協会主催の全国トラック運送事業者大会における交通事故防止対策の分科会で、2年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員。
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

運送・物流会社の管理者のための安全・品質向上講座 バックナンバー

ページID:00079922