第143回 今時の高齢ドライバーへの対応

相対的に若手とお見受けする管理者に「お悩みごとは?」と尋ねてみると、指示や指導をする際の苦手な相手として「高齢ドライバー(自身より年長かつ社歴も長いドライバー)」を挙げられます。運送業界では就業者の年齢構造的にも、高齢ドライバーへの安全指導等の機会が増え続ける傾向です。高齢ドライバーに対しては、相手に応じた健康に関する話題の提供や、健康を会話のきっかけにすると、相手の聞く姿勢が良化することがあります。

今時の高齢ドライバーへの対応

相対的に若手とお見受けする管理者に「お悩みごとは?」と尋ねてみると、指示や指導をする際の苦手な相手として「高齢ドライバー(自身より年長かつ社歴も長いドライバー)」を挙げられます。

その場合の高齢ドライバーに対しては、相手に応じた健康に関する話題の提供や、健康を会話のきっかけにすると、相手の聞く姿勢が良化することがあります。

運送業界では就業者の年齢構造的にも、高齢ドライバーへの安全指導等の機会が増え続ける傾向です。

私たちも高齢ドライバーへの添乗指導を通じて、車内での会話や動作から「高齢ドライバーあるある」を多く発見しています。

若年層や新入社員ドライバーには「事故を経験したことがないがゆえの過信」を正すことがありますが、高齢ドライバーやベテランドライバーには「無事故を継続してきたゆえの過信」が垣間見えることがあります。

「会社で決めたこと」の中で「自分だけはやらなくてもよいこと」を、勝手に決めつけている人もいました。

車内での1対1の会話では、長い間、運転席から世間を見てきた本音として、「昔は今よりも気楽で今よりも稼げたのに」との愚痴や、無謀な運転や無茶な仕事を武勇伝のように語られることもあります。

もちろん全ての高齢ドライバーが対象ではありませんが、運送業界が歩んできた時代背景も重なりつつ、高齢ドライバーには特有のドライバー気質があると思います。

その気質を「がんこ」ではなく「こだわり」と表現すれば良いイメージになります。

運転時の車内では会話だけでなく、運転席下部からのエンジン音により、外部の音が聞こえにくい状態です。

だからこそ、常に助手席側の窓を「数mm(ミリ)」開けておき、風の音に交じって聞こえてくる周囲からの接近音にも、気を配らなければなりません。

このような「窓開け確認」は、左後方から接近するバイクへの巻き込み事故防止に効果的です。

「目は180度」しか見えませんが「耳は360度」聞こえますから。

トラックを運転時に死角となる左後方は、サイドミラーを目で確認だけでなく、耳で音も確認しましょう。

加齢による反応や操作の遅れを補うためには、早目の確認(認知)により操作の開始を早めることです。

また、窓開けによる耳を使った音の確認において、自車のタイヤの溝に挟まった小石を音で気付けたとの事例もありましたのでお勧めです。

今週の出張先で、タクシーを利用した際のこと。

「いかにもご高齢」とお見受けする方が運転されていました。

扉が開いて耳に飛び込んできたのは、大音量のラジオの音。

これは乗客である私が乗車した際にラジオを切られたので、一瞬の出来事でしたが……。

運転を始めてからしばらくしてからのこと。

方向指示器を戻し忘れたまま、長らく直進を続ける場面がありました。

先ほどの大音量ラジオは切っておられたので、車内には方向指示器の作動状態を示す「カチ・カチ・カチ・カチ」との作動音が響く中で、ひたすら直進をされています。

そういえば、目的地を告げた際にも、後部座席の私に対して目を合わせるのではなく、耳を向けるような仕草。

ひょっとしたら、安全に必要な聴力が低下されていたのかもしれません。

トラックドライバーも、お客様との会話において、問い掛けが聞こえていなくて返事をしなければ「無視している」と思われたり。

必要以上に何度も聞き直すことや、「えーっ?」「なんですか?」との受け答えが大きな声であればあるほど傲慢な態度に勘違いされることも危惧されます。

安全と品質の両面において、聴力にも注力しましょう。

最後に。

法令では65歳になれば適齢診断の受診が定められていますが、現場では60歳になった時点で安全教育の機会を設定されることを提案します。

ありがとうございました。

次回は3月8日(金)更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

運輸事業者向け販売管理システム SMILE V トラックスター

運輸業における日報管理・請求管理から実績管理まで、一連の業務を効率化。業界の慣習に対応し、運輸業の経営管理を強力にバックアップします。マスターや伝票に独自項目を追加して、オリジナル帳票の作成やデータ活用が可能です。

クラウドサービスを利用できるネットワーク型車載ステーション 富士通製 デジタルタコグラフ DTSシリーズ

FOMA網対応の3G通信モジュールを標準搭載し、カードレス運用を実現したデジタルタコグラフ。富士通がお客様と共に培ってきた運行支援ソリューションをクラウド基盤で運用することを可能にし、インターネットにつながるパソコンを用意するだけで初期費用を抑え、短期間で運行情報分析が簡単に行えます。車両の速度や時間・エンジン回転数などの車両情報と運転評価表をもとに乗務員に的確な運転指導が行えます。

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止による利益確保と輸送品質の向上による単価の向上で得た原資によって、働き方改革を実現するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2018年度には1032回講演。
また、全日本トラック協会主催の「全国トラック運送事業者大会」における交通安全対策推進の分科会で、6年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催:2015年金沢開催:2016年度米子開催:2017年仙台開催:2018年高松開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員
2015年度:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会ワーキンググループ」委員
2016年度:「貸切バス運転者に対して行う指導及び監督の改正検討ワーキンググループ」委員
2016年度より:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会」委員
2017年度より:熊本県トラック協会 専門アドバイザー(企業経営・労務管理)
各都道府県のトラック協会や青年部会、支部や協同組合単位での各研修会で講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-369-877

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00162824