第130回 事故に不思議の事故なし

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」とはスポーツや武道などの勝負の世界で用いられる格言。安全の世界では「事故に不思議の事故なし」といえます。原因に対しては、改善できる方法を考えましょう。理由に対しては、継続できる方法を考えましょう。運送業界のトーナメント戦で勝ち残るには安全を、勝ち抜くには品質を。

事故に不思議の事故なし

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」とはスポーツや武道などの勝負の世界で用いられる格言。

安全の世界では「事故に不思議の事故なし」といえます。

なぜなら事故には必ず原因があり、その原因への防御ができていないと、何度も同じ事故(負け方)を繰り返すからです。

安全も「失敗した(負けた)ときに原因を考える」だけでなく、「成功した(勝った)ときの理由も考える」こと。

原因に対しては、改善できる方法を考えましょう。

理由に対しては、継続できる方法を考えましょう。

団体スポーツ競技における一流選手は、まずは試合に出場することを目指して、練習を積み重ねてきたはずです。

いつしか「出場機会を得られること」だけでは満足できずに、他のチームで同じポジションの選手との競争に挑みます。

ビジネスの世界でのライバルは「まずは社内」で「つぎに社外」に存在するのと同じことです。

現在の優位性にしがみついていれば、おのずと将来のライバルに後れをとるのも同じことです。

団体スポーツ競技において、サッカーに匹敵するほど多くのファンや愛好者を擁する野球。

私たちが研修で講師を担当することは、野球に例えると投手ではなく捕手に近い仕事です。

捕手が決めたプラン(サイン)どおりに投げ込もうとする投手の役割ではなく。

状況や相手打者に合わせて試合(投球)を一球一球組み立てる捕手のように。

講師の場合は一言一言を組み立てながら研修をする捕手のような仕事です。

また投手と野手がホームベースに向かって立っているのに、唯一捕手は反対向きに立っていることも、捕手と講師の共通点。

捕手(講師)のみが見える視界があり、全体像を把握できます。

全体像を見ながら、的確な指示(講師の場合は質問)をすることも共通点です。

さて、今年も熱戦が繰り広げられている夏の高校野球。

選手の皆様が日ごろの地道で厳しい練習に耐えられるのは、「甲子園の舞台」という明確な目標があるからだと思います。

また、甲子園出場の常連校とは、練習環境の違いや有望選手が集まりやすいだけでなく、甲子園に出場した先輩が身近にいて、「今の練習は厳しいが厳しい練習の先に甲子園出場の夢が叶い全国制覇も狙える」との身近な事例(目標)があることも要因だと思います。

私たちは運送会社で働く皆様を、スタンドからではなくベンチから応援しています。

応援団やファンよりも身近なチームメートです。

チームメートゆえ、時に強い口調で指摘や指導をすることもありますが、私たちが運送会社で働く皆様の「応援団やファン以上の仲間」であるからこそと受け止めてください。

運送業界のトーナメント戦で勝ち残るには安全を、勝ち抜くには品質を。

昔、某スポーツメーカーのテレビコマーシャルで下記のナレーションがありました。

「練習では自分が一番下手だと思え、試合では自分が一番上手だと思え」。

練習中は謙虚に、試合中は大胆にとの意味合いだと思いますが、私たち研修講師にも通じる点があります。

プロデキューブも「全国制覇に向けてあと3県」を目標に、これからも「謙虚に大胆に」をモットーに。

ありがとうございました。

次回は8月31日(金)の更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

運輸事業者向け販売管理システム SMILE V トラックスター

運輸業における日報管理・請求管理から実績管理まで、一連の業務を効率化。業界の慣習に対応し、運輸業の経営管理を強力にバックアップします。マスターや伝票に独自項目を追加して、オリジナル帳票の作成やデータ活用が可能です。

クラウドサービスを利用できるネットワーク型車載ステーション 富士通製 デジタルタコグラフ DTSシリーズ

FOMA網対応の3G通信モジュールを標準搭載し、カードレス運用を実現したデジタルタコグラフ。富士通がお客様と共に培ってきた運行支援ソリューションをクラウド基盤で運用することを可能にし、インターネットにつながるパソコンを用意するだけで初期費用を抑え、短期間で運行情報分析が簡単に行えます。車両の速度や時間・エンジン回転数などの車両情報と運転評価表をもとに乗務員に的確な運転指導が行えます。

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売上が向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2016年度には969回講演。
また、全日本トラック協会主催の「全国トラック運送事業者大会」における交通安全対策推進の分科会で、5年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催:2015年金沢開催:2016年度米子開催:2017年仙台開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員
2015年度:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会ワーキンググループ」委員
2016年度:「貸切バス運転者に対して行う指導及び監督の改正検討ワーキンググループ」委員
2016年度 2017年度:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会」委員
2017年度:熊本県トラック協会 専門アドバイザー(企業経営・労務管理)
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-369-877

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00151646