第168回 社長のおしごと

働き方改革が進む昨今においても社長には勤務時間に関する法律は適用されず、法的な労災保険や失業保険も適用されません。業績を伸ばしている会社の社長は、寝ても覚めても社員の成長とお客様の繁栄のことを考えています。

社長のおしごと

業種を問わず、社長には専門分野における知識・技術・経験のほかに、人柄の魅力もしくは商売の能力に長けた人が多く、事業規模の拡大に応じてその魅力や能力が長けていなければ務まらない職位です。

職場では社長の考え方(経営理念)が管理者の言葉(社内ルール)に含まれます。

管理者の言葉を含む伝え方が、ドライバーの行動(判断基準)に影響を与えます。

各社における現在の社長の考え方は、過去の会社の歴史が大きく関与しています。

社長に就任された理由や背景からも現在の社長の考え方を察することができます。

例えば「創業者と後継者」や「年配の社長と若い社長」や事業規模の違いなど。

社長のタイプはさまざまでありお会いしてお話を聞いてみると、社員が好きな「社員の長である社長」と仕事が好きな「会社の長である社長」とのタイプにも分類できます。

業種を問わず、会社を経営するうえで必ずピンチが訪れます。

そのピンチへの結果は二つしかなく、事業の継続(継承)か廃業(倒産)のどちらかといえます。

ピンチの理由は社内と社外の二つしかなく、その理由が社外であれば、提供するサービスが社会において必要か不要なのかのニーズと、ライバル社に勝つか負けるかの結果によるものといえます。

社内的な要因では、未来への構想に向けた改善が行き詰まり、事業の運転資金がショートし出すと、社長は目先のことにとらわれ過ぎてその場しのぎの「行き当たりばったり経営」に陥りやすい傾向です。

そのような「自転車操業(サイクリングサイクル)」を回避すべく、社長には社員の誰よりも社外を広く知ることによる「先見性」と、社内を正しく知ることによる判断力以上の「決断力」が求められます。

業種を問わず、社員が多い会社で「お金と時間」のロスがあれば、そのロスは社員数に乗じて膨大になるために「1円」「1分」の単位で細かく管理をして、維持をするためにも改善の継続や進化が必要です。

経営には感覚ではなく数字の根拠が重要であり、感情よりも数字を優先すべく、時に社長の独断による非情な采配も見受けられます。

その非情に見える采配にも、人柄が良い社長は「社員を守る」ことを考え、商才に長けた社長は「社員を育てる」ことを目的にしており、頑張っている社員を守る傾向です。

頑張っている社員とは「時間を掛けた努力」以上に「工夫をする能力」を評価する傾向であり、働き方改革を進めるうえで「社長が求めている社員の姿」の一つです。

働き方改革が進む昨今においても社長には勤務時間に関する法律は適用されず、法的な労災保険や失業保険も適用されません。

業種を問わず。

業績を伸ばしている会社の社長は、寝ても覚めても社員の成長とお客様の繁栄のことを考えています。

故に鬼と称される社長ほど、流している涙があります。

社員の成長を喜ぶ涙や、社員の失敗を一緒に悔やむ涙。

お客様からのお褒めの言葉にあふれる涙や、お客様からのご指摘の言葉に汗と一緒ににじむ涙。

ありがとうございました。

次回は3月13日(金)更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

運輸事業者向け販売管理システム SMILE V トラックスター

運輸業における日報管理・請求管理から実績管理まで、一連の業務を効率化。業界の慣習に対応し、運輸業の経営管理を強力にバックアップします。マスターや伝票に独自項目を追加して、オリジナル帳票の作成やデータ活用が可能です。

クラウドサービスを利用できるネットワーク型車載ステーション 富士通製 デジタルタコグラフ DTSシリーズ

FOMA網対応の3G通信モジュールを標準搭載し、カードレス運用を実現したデジタルタコグラフ。富士通がお客様と共に培ってきた運行支援ソリューションをクラウド基盤で運用することを可能にし、インターネットにつながるパソコンを用意するだけで初期費用を抑え、短期間で運行情報分析が簡単に行えます。車両の速度や時間・エンジン回転数などの車両情報と運転評価表をもとに乗務員に的確な運転指導が行えます。

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止による利益確保と輸送品質の向上による単価の向上で得た原資によって、働き方改革を実現するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2018年度には1032回講演。
また、全日本トラック協会主催の「全国トラック運送事業者大会」における交通安全対策推進の分科会で、6年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催:2015年金沢開催:2016年度米子開催:2017年仙台開催:2018年高松開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員
2015年度:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会ワーキンググループ」委員
2016年度:「貸切バス運転者に対して行う指導及び監督の改正検討ワーキンググループ」委員
2016年度より:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会」委員
2017年度より:熊本県トラック協会 専門アドバイザー(企業経営・労務管理)
各都道府県のトラック協会や青年部会、支部や協同組合単位での各研修会で講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00186307