第84回 「さすが!」と言われる仕事

ドライバーは荷主様の代理人として、荷主様のお客様である配送先様へ、ひとりで訪問しています。

ドライバーは運送会社様の代表として、荷主様のお客様である配送先様へ、毎日訪問しています。

競合他社のドライバーと「運賃(=仕事の結果)」だけで比較されるのではなく、「料金(=仕事の過程と結果)」での比較に持ち込みましょう。

誰しもが「同じ商品だったら安い方が良い」と考えることは普通のことです。

同じサービスでは運賃で比較されて、安い方が選ばれることは昔から変わらぬ世の常です。

ドライバーへの信用とドライバーのプライドを、仕事を通じて提供する「仕事の過程と結果」と一緒に高めましょう。

特に仕事の過程を高める方法として、社内研修で知識を深めて技術を高めましょう。

たとえば、配送トラブルをゼロにするために「うっかりミスを防止」する方法。

その対象は商品だけでなく、お客様からお預かりした伝票も同じく。

商品以外にも、お客様の資産であるパレットや備品も商品と同じく。

競合他社がやっていることを、やらなかったらマイナス評価に。

競合他社がやっていないことを、すすんでやればプラス評価に。

誰にでもできる簡単なことであっても、こだわれば価値が生まれて、やり続ければ価値が高まります。

プロドライバーのプライドとは「さすが!」と言われる仕事を提供することです。

しかしながら、時には荷待ち時間の増加や道路渋滞などにより、焦りやイライラの心理状態に陥ることもあるでしょう。

そのような状態になっても「国のルールや社内のルールと自分のルール」を通じて、いつでもいつもの自分に戻せるよう、ひとりで自身の心理状態をコントロールできることも、プロドライバーの要件です。

なぜならドライバーは出発すれば“ひとりの世界”。

だから車内や社外では誰も忠告をしてくれません。

そして、一瞬の判断ミスで事故が起これば、一生を掛けて償う自己の責任が発生します。

品質だけでなく安全においても社内ルールへの取り組みを通じて、競合他社にはない付加価値を提供しましょう。

「誰でも良い仕事」と思われたなら、誰しもが安い方を選びたくなることは否めません。

「運賃や時間を含めて無理を聞いてくれる」からではなく、価値で選ばれて価値で稼げるプロドライバーを目指しましょう。

お客様から「○○運送“で”良い」ではなく、「○○運送“が”良い」と言われるために。

競合他社との違いとは“で”と“が”の違い。

その違い“で”収受料金“が”変わりますように。

ありがとうございました。

次回は10月28日(金)更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送・物流会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売り上げが向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2014年には698回講演。
また、全日本トラック協会主催の全国トラック運送事業者大会における交通事故防止対策の分科会で、2年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員。
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

運送・物流会社の管理者のための安全・品質向上講座 バックナンバー

ページID:00120377