第83回 指導は人のためならず

交通事故発生による損失には、社内における士気の低下も含まれます。

士気を下げないように、交通事故防止に取り組むのは管理者の役割。

交通事故が発生してから、低下した士気を上げるのも管理者の役割。

役割に投じる労力は同じでも、役割を実践するタイミングによって、世間からの評価と社内での結果が大きく違います。

士気が低下した“マイナスの状態”からではなく。

交通事故ゼロの状態から、交通事故防止に取り組みましょう。

交通事故ゼロの状態から“プラスへの挑戦”を始めましょう。

「交通事故ゼロの状態でも、ドライバーに安全を発信していますか?」

「発信したことの実施状況を、ドライバーに確認していますか?」

「実践してくれたドライバーに、感謝の言葉を発信していますか?」

「実践できていないドライバーに、愛情を持って指導していますか?」

「ドライバーに発信したことを、管理者が自らも実践していますか?」

「管理者自ら率先して実践したことが個々の習慣になり、会社の風土になっていますか?」

自分が誰かに伝えれば伝えるほど自分を律して手本となるべく、必然的に「動くマニュアル」になれるものです。

ですから、指導とは人のためだけではなく。

指導を本気で継続すれば、いずれは巡り巡って「指導内容を自分も習慣にできて得をする」との恩恵が返ってくるものです。

「情けは人のためならず」と語り継がれているのと同様に「指導は人のためならず」

周囲でできていないことが有るならば、自分から周囲への発信の量が足りていないと考えるのが定石です。

自分ができていないことが有るならば、自分から周囲への発信の量が足りていないと考えましょう。

社内で教え合う姿は、社員が助け合う姿です。

たとえば「ドライバー研修の開始時刻に全員が間に合う」ために。

ドライバー同士で荷役作業等を助け合って、全員で研修を最初から受講することも研修の一環です。

その助け合いの延長線上に、車庫でバック時の相互誘導や、顧客情報の共有による狭路回避や構内での注意事項の把握など、交通事故防止につながる「助け合う風土」が構築できます。

困っている仲間のために手を貸すことで、いつか自分が困った時に手を貸してくれます。

仲間のために知恵や情報を提供することで、いつか自分が知らないことを教えてくれます。

まさにお互いを高め合える「教え合う風土」です。

ありがとうございました。

次回は10月14日(金)更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送・物流会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売り上げが向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2014年には698回講演。
また、全日本トラック協会主催の全国トラック運送事業者大会における交通事故防止対策の分科会で、2年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員。
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

運送・物流会社の管理者のための安全・品質向上講座 バックナンバー

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00119738