第5回 整理整頓がうまくいく法則

前回のコラムでこのように綴りました。

「整理整頓が行き届いている運送会社は交通事故が少ない」

その観点から5S活動の中ででも特に「整理と整頓」をお勧めしています。

整理整頓研修を担当時には事前にカメラを片手に現場を歩き回ります。

たとえば誰も歩かないであろう通路や場所を見れば、皆様の「整理整頓への関心度合い」が見えてくるようです。

研修等において、私たちがお勧めしている整理整頓の順(見る順・手掛ける順)は下記のとおり。

「自分の机→机の周辺の書庫→トイレ→玄関→事務所内→構内→植木の手入れ→トラックの美化→従業員の身だしなみ」

  1. まずは自分しか使わないスペースに着手
  2. 次に共用部分の中で小さなスペースから着手
  3. だんだんと広いスペースに挑戦
  4. 最後はドライバーが管理しているトラックの美化や身だしなみの向上にも挑戦

残念ながら「机の上や引き出しの中の整理整頓ができない人には、何十坪もある事務所はもちろん、何百坪や何千坪もある倉庫の整理整頓は難しい」と思います。

社内環境を整えることでドライバーの車内環境(安全行動や車両美化)を向上できます。

不思議なことに職場環境を整備することでドライバーの身だしなみも向上します。

言い換えると、整理整頓が実践されていない現場では「身だしなみの良し悪しに気づかないし、上司から注意されても部下への説得力がない」と言うことかもしれません。

車で通勤されている人が多い事業所では、敷地外との境界線が“死角”になりやすいのも特徴です。

「たまには施設の周辺をゆっくりと歩いて施設を外から観てください」

歩かれる際にはせっかくですから“お掃除道具”を手に持って。

ご近所の皆様とのコミュニケーションの機会になりますよ。

なぜなら・・・。

掃除している人は悪い人には見えませんから!

最後に。

「誰にも気づかれずに今日から始められる整理整頓の実践方法」をふたつ紹介。

  1. 退社時には机上の整理整頓
  2. 離席時には椅子を机の中へ

簡単でしょ!

ご自身が“できる”ようになれば皆様の社内で広めてください。

ありがとうございました。

次回は8月23日(金)の更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送・物流会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売り上げが向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2014年には698回講演。
また、全日本トラック協会主催の全国トラック運送事業者大会における交通事故防止対策の分科会で、2年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員。
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

運送・物流会社の管理者のための安全・品質向上講座 バックナンバー

ページID:00079927