第27回 小学校と教習所で習ったこと

自動車運転免許証をお持ちの方なら、交通安全や事故防止の考え方について、誰しも同じ教育を受けています。

それは運転免許証を取得するために通ったであろう教習所で。

誰もが一度は「正しい運転姿勢」や「安全になれる確認方法」を含む運転方法を、教えてもらったはずです。

それがいつからか“我流”になってしまうようです。

私が自動車運転免許を取得したのは、はるか昔の18歳になった頃。

その頃と比較をして運転環境で変わったことと言えば、シートベルトの着用義務と携帯電話を保持してはならないことぐらい。

教習所で習った(はずの)確認のやり方や走行速度や、車間距離保持等の運転方法は変わっていません。

その不変なものを不変にやり続ければ、事故は起こらないはずなのに。

我流になって確認(=初心)を省いたり。

初心(=確認)を忘れて運転行動が大胆になったり。

唐突ですが。

運転時における我流とは、漢字の書き順にも共通する部分があると思います。

誰しもが義務教育において習ったはずの漢字。

書き終えた文字を見れば正しい漢字に見えても、書き順が間違っていることも。

書き順が違えば書きにくい部首もあるはずなのに、それでも我流を貫いてしまう・・・。

同様に。

運転における結果ではなく、無事故継続と事故発生に至る経緯を確認するのが添乗指導。

要するに、安全の結果ではなく、安全になるための正しい手順を確認して指導しています。

それは、結果的に「正しく書けた」と見える漢字でも、書き順が違えば「間違っている」と指摘することと同じです。

さて、私は講師対応時にホワイトボードは使わない主義。

なぜなら「研修中にお客様に背中を向けることは失礼だから」

というのは建前で・・・。

本当は漢字の書き順に自信がないので、ホワイトボードを使用しないのです。

自らが「間違っているかも」と思う書き順(手順)を、誰かに見られることは恥ずかしいものです。

これは「添乗指導を受けることを嫌がるドライバーの心境」に似ているのかもしれませんね。

最後にひとつ自問自答。

「ところで高柳、ひらがなの書き順は大丈夫か(笑)」

ありがとうございました。

次回は6月27日(金)更新の予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送・物流会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売り上げが向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2014年には698回講演。
また、全日本トラック協会主催の全国トラック運送事業者大会における交通事故防止対策の分科会で、2年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員。
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

運送・物流会社の管理者のための安全・品質向上講座 バックナンバー

ページID:00079905