第181回 教えると教わる

誰かが誰かに何かを教えることで、教わる人だけでなく教える人も成長できます。誰かに教えてもらってできるようになったことは、同時に教え方も学んでいるはずです。

教えると教わる

誰かが誰かに何かを教えることで、教わる人だけでなく教える人も成長できます。

誰かに教えようと言葉に出して説明することで、なんとなく理解や実践をしていたことを自身で把握して改善しようとしたり、自身の不明点を把握して正しく理解したりする機会になります。

誰かに正しい仕事を伝えようとしていることは、自身の仕事の姿を確認して改善していることと同じです。

だから「指導は人のためならず」なのです。

運送会社の事例として、安全の管理者に選任された人にはまず「自身が安全になれること」が利点であり、つぎに「周囲の人を安全にすること」の役目があります。

なぜなら、例として「指差呼称確認」を社内でルールにしたとすれば、最初に指差呼称確認を実践すべき人は推進役である安全の管理者だからです。

点呼での免許証の確認時や運行指示書を渡す際など、ドライバーを前にした記載事項の確認時に指差呼称確認を率先垂範できる機会があるはずです。

管理者自ら「できていない」ことは、ドライバーには指導ができません。
管理者が「率先してやらない」ことは、ドライバーへの指導として伝わりません。

だから「管理者以上のドライバーは育たず」となります。

未経験の新入社員ドライバーを迎えた運送会社において、最初の変化で多い現象は「教えることを通じて先輩ドライバーが一気に伸びる」、もしくは「教え方の不備が影響して新入社員ドライバーが思うように伸びない」かのどちらかです。

それは、素直な新入社員ドライバーは先輩ドライバーのまねをしようと努力をするからであり、言い換えると先輩ドライバーの行動の範囲内でのみ新入社員ドライバーが成長するからです。

だから「先輩ドライバーの平均以上の新入社員ドライバーは育たず」となるのです。

かつて仕事は「見て覚えるもの」と教えられたものですが、今は仕事を教える時代です。

誰かに教えてもらってできるようになったことは、同時に教え方も学んでいるはずです。

「もしも18歳の高卒社員ドライバーが入社して、あなたが運転する車両の助手席に乗っていたら、車内で何をどのように教えますか?」と社内で問うてみましょう。

まずは、先輩ドライバーの教え方がかわってきます。

つぎに、先輩ドライバーが教え方をわかってきます。

自らが「実践するプロ」が多数在籍している運送会社であっても、誰にでも「教えられるプロ」がいないのは、後進が育ちにくい職場環境の特徴です。

ドライバーが「自ら実践するためのマニュアル」も有効ですが、ドライバーが「誰でも誰にでも教えられるプログラム」を実施することも現代の職場では機能するはずです。

ありがとうございました。

次回は9月18日(金)更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

運輸事業者向け販売管理システム SMILE V トラックスター

運輸業における日報管理・請求管理から実績管理まで、一連の業務を効率化。業界の慣習に対応し、運輸業の経営管理を強力にバックアップします。マスターや伝票に独自項目を追加して、オリジナル帳票の作成やデータ活用が可能です。

クラウドサービスを利用できるネットワーク型車載ステーション 富士通製 デジタルタコグラフ DTSシリーズ

FOMA網対応の3G通信モジュールを標準搭載し、カードレス運用を実現したデジタルタコグラフ。富士通がお客様と共に培ってきた運行支援ソリューションをクラウド基盤で運用することを可能にし、インターネットにつながるパソコンを用意するだけで初期費用を抑え、短期間で運行情報分析が簡単に行えます。車両の速度や時間・エンジン回転数などの車両情報と運転評価表をもとに乗務員に的確な運転指導が行えます。

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止による利益確保と輸送品質の向上による単価の向上で得た原資によって、働き方改革を実現するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2018年度には1032回講演。
また、全日本トラック協会主催の「全国トラック運送事業者大会」における交通安全対策推進の分科会で、6年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催:2015年金沢開催:2016年度米子開催:2017年仙台開催:2018年高松開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員
2015年度:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会ワーキンググループ」委員
2016年度:「貸切バス運転者に対して行う指導及び監督の改正検討ワーキンググループ」委員
2016年度より:国土交通省「自動車運送事業に係る交通事故対策検討会」委員
2017年度より:熊本県トラック協会 専門アドバイザー(企業経営・労務管理)
各都道府県のトラック協会や青年部会、支部や協同組合単位での各研修会で講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00195620