第34回 追突されるドライバーの共通点

「事故をしないのがプロドライバー」ではなく「確認をするのがプロドライバー」だと思います。

これは、多くの運送会社でドライバーを対象に添乗指導を担当してきた経験から感じたこと。

そして、ひとりとして同じ運転行動は無いということです。

特に「確認のやり方」と「判断の基準」には、大きな差が見受けられます。

運転免許証を取得するために通ったであろう自動車教習所では、同じことを学んでいたはずなのに・・・。

自動車教習所に通った日から遠ざかるほど、我流の運転になりやすい傾向です。

また、「運転マナーが悪い→交通違反が多い→事故の発生率が高い」とも言えます。

何度か追突されたことがあると言うドライバーに添乗すると、その理由が一目瞭然。

それは「自分の意思を周囲に発信するのが遅い」こと。

たとえばハンドルを切りながら方向指示器を作動させる行動。

前方で渋滞が予測される場合でも、カーブを曲がり切った場所で停車したり、渋滞の最後尾に停車しているのにハザードを点滅させなかったり、など。

進路を譲ってくれた相手にハザードを点滅させないことも“悪い特徴”のひとつ。

“悪い特徴”としてはクラクションを必要以上に多用する威嚇運転も挙げられます。

後方へ注意を促すポンピングブレーキは、車高が高いトラック乗務時における事故に遭わない必須手段です。

運転している人の意思を周囲に知らせることは、言葉を使わずに車同士で会話をするようなイメージです。

何度も事故に遭うドライバーは「自分主観」になり過ぎて、周囲への配慮が足りないことが多いのが共通点です。

そして、「事故をされた」「被害者だ」との認識が強すぎて、反省が無いので改善も無く、走行距離(道路の上にいる時間)が長いほど、追突されるなど繰り返し事故に遭うようです。

そのような場合には、互いに「ゆずり合い運転」ではなく、こちらが「ゆずる運転」を指導しています。

「交通事故に遭わないドライバーは交通事故を起こさない」

これは防衛運転を勧める時に使う言葉。

「エコドライブにより燃費が良いドライバーは安全運転をしている」のと同じ原理です。

添乗指導で個々の運転行動を観察すれば「過去の事故」が見えて「未来の事故」が想像できます。

未来の事故を防止するために「悪いクセ」を「良い習慣」に変えるのが私たちの役割です。

最後に、長年トラックに乗務しながら今まで事故をしたことがないドライバーの運転行動は、大きく分類すると下記の2タイプ。

・周囲への気配りができている(必然型タイプ)

・周囲が気配りしてくれている(偶然型タイプ)

他力本願ではなく、自力で安全を高めてほしい。

他力本願では、生涯走行距離が延びれば交通事故の生涯発生率が高くなります。

安全管理以上の安全指導で、「事故は偶然」ではなく「安全を必然」に変えましょう。

ありがとうございました。

次回は10月3日(金)更新の予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送・物流会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売り上げが向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2014年には698回講演。
また、全日本トラック協会主催の全国トラック運送事業者大会における交通事故防止対策の分科会で、2年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員。
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

運送・物流会社の管理者のための安全・品質向上講座 バックナンバー

ページID:00079898