第33回 別れ際によく見える品質

タクシーに乗車した際に見えるのは、タクシードライバーの安全とタクシー会社の品質。

走り出せば、安全を確認する方法が見えてきます。

目的地に着けば、降車の際に車内で必ず発生する“品質が見える会話”が聞こえてきます。

「○○○○円です」「○○○○円をお預かりします」

「領収書はご入り用ですか」「かしこまりました」

「お忘れ物はございませんか」「足元などお気をつけくださいませ」

ドライバーの対応が「あ、良かったな」と思えば会社名を見ます。

「うーん、良くなかったな」と思えば会社名も見たくありません。

「ありがとうございました」と車内から笑顔で見送ってくれるドライバーには、こちらも「ありがとうございました」とお返しします。

わざわざ降車してドアを開けてくれるドライバーには「恐れ入ります」と一礼します。

その反面、「ありがとうござ・・・バタン」と挨拶の途中でドアを閉めて走り出すドライバーに、がっかりすることも。

先日、ある駅からタクシーに乗車した時の出来事。

走り出してもダッシュボードに後付けされたテレビが映りっ放し。

シートベルトも装着しない。

挙げ句の果てには「お帰りのタクシーはいかがですか?」

もちろん私からの回答は「いりません」の一言のみ。

さて、運送会社のドライバーは退出時にどのような「会話」をしているのでしょうか?

運送会社ではドライバーに退出時の会話について、どのような「教育」をしているのでしょうか?

退出時の印象は時に入場時の印象を勝り、次の仕事に影響を与える場合もあります。

私たちは研修等で「またよろしくお願いします」の言葉を発することを提案しています。

積み込み先(荷主様)では「運送のご依頼時には次回も当社をよろしくお願いします」との気持ちで発すること。

配送先(荷主様のお客様)では「商品のご発注時には次回も当社の荷主様をよろしくお願いします」との気持ちで発する。

荷主様のお客様である配送先様が、次回もその荷主様に商品を発注されることに付随して、今まで通りにその運送会社に仕事が発生します。

配送先様が他のメーカーへ発注すれば、運送業務はそのメーカーと取引している運送会社に移行されて、仕事がなくなります。

「終わりよければすべて良し」

「終わりよければ品質も良し」

ドライバーだけではなく配車担当者の電話でも「終わりよければ品質も良し」

それは電話の出方だけでなく切り方にもこだわること。

電話を切る際には「ありがとうございました」「またよろしくお願います」の一言を添える。

どちらから電話を掛けたのかは問わず、相手よりも受話器を先に置かないこと。

きっと今日の仕事へのこだわりが、明日の仕事の量や将来の仕事の単価につながります。

ありがとうございました。

次回は9月19日(金)更新の予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送・物流会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売り上げが向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2014年には698回講演。
また、全日本トラック協会主催の全国トラック運送事業者大会における交通事故防止対策の分科会で、2年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員。
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

運送・物流会社の管理者のための安全・品質向上講座 バックナンバー

ページID:00079899