第68回 運送会社は目が命

運転中のドライバーは「認知(予測)→判断(確認)→操作(反応)」の繰り返し。

状況を細かく認知して正しく判断するためには「動体視力・深視力・瞬間視・周辺視」などの“目の力”が求められます。

特に夜間走行時には、加齢等による視力の低下が交通事故の原因になることも。

夜のメインストリートでは、車の隙間から“高速自転車”が飛んでくることも。

飛んでくる“高速自転車”の動きは予測ができないので、トラックの運転方法を“危険予測をしない運転”に切り替えて対処しましょう。

その運転方法とは“停まって目視で確認をする運転”

「目視で安全が確認できなればトラックを動かさない」との運転方法。

予測運転以上に安全な目視運転です。

その昔、「芸能人は歯が命」ってCMがありました。

昔から変わらず、「ドライバーは目が命」ですから。

ドライバーは、道の上の危険を発見する目が自分を守ります。

道路上における周囲の異常を、誰よりも早く察知して安全に対応すること。

品質における自分の乱れを、誰からも察知される前に気づいて改善すること。

「管理者も目が命」

点呼時を含みドライバーの異常を見抜く管理者の目が、ドライバーの命を守ります。

目の前の仕事に追われるだけでなく。

少し先を見据えた“教育により得た安全や品質”を武器にして、仕事を選びながら追うことも、これからの配車業務にとっては不可欠なことだと思います。

そのためには。

まずはドライバーが研修を受講して、学ぶ機会に慣れることが必要です。

ドライバーが学ぶ機会に慣れれば、学べないことに不満が出るものです。

学ぶ機会が義務ならば、義務教育を受けていないことを、いつか後悔する日が来るかもしれません。

運送会社における教育機会とは、ドライバーへの期待の表れであり最大の愛情表現です。

そして「経営者にとっても目が命」。

少し先の運送業界を取り巻く環境を正しく見定める目。

会社の目標が無ければ、社員の挑戦がなく成長なし。

会社の目標が無ければ、社員は慢心からの後退のみ。

物流インストラクターである「プロデキューブも目が命」。

研修を担当する前には構内で“見学以上の観察”をすることが私たちのルーティン。

現場を見ずに研修を担当することは、できれば避けたいもの。

車輪止めの実施状況や洗車場の整理整頓を確認して、その前の感情とその先の行動を読む。

安全の原点は変わらず基本はシンプルで不変のもの。

安全を誓った時の思いが、変わっていないかを確認。

思いや意識とは気持ちと同じく、目では見えないもの。

行動結果を見ることで“見えない意識”が見えてきます。

行動結果の中でもマナーには気持ちが表われやすいもの。

あいさつや身だしなみ等のマナーが低下している時は、安全も低下している時かもしれません。

その時点で管理者が気づいて、ドライバーの行動を修正できれば。

ドライバーの交通事故につながる危険行動を、管理者が未然に防ぐことができたということです。

ありがとうございました。

次回は3月11日(金)更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送・物流会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売り上げが向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2014年には698回講演。
また、全日本トラック協会主催の全国トラック運送事業者大会における交通事故防止対策の分科会で、2年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員。
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

運送・物流会社の管理者のための安全・品質向上講座 バックナンバー

ページID:00109888