第66回 渡しと防波堤の役割

残念ながら、交通事故に関与してしまったドライバーには、このように伝えています。

「運が“悪かった”から事故を起こした」と考えるのではなく。

「運が“良かった”から事故を起こしても生きている」のです。

自分が“生かされている意味”を考えて、今まで以上に自分を大切にしましょう。

交通事故防止対策は、上記の伝え方を含む事故惹起者への個人指導が必要な場合と、全体改善が効果的な場合の二通りに分かれます。

管理者による職場環境の改善で、ドライバーの安全習慣を改善できれば、それは素晴らしいことです。

たとえば、社内で不特定多数のドライバーが頻繁に交通事故を起こしている場合など、交通事故の原因が当事者以外にも起因すると想定される場合には……。

教える人(=管理者)の教え方と、教わる人(=ドライバー)の教わる姿勢を改善すれば、安全性は確実に高まります。

ちなみに、教え方を磨くのは管理者であり、教わる姿勢を教えるのも管理者。

管理者の機能を侮ってしまい“真の事故原因”を社内で生み出してしまっているのが、交通事故が多い会社や事業所に散見される残念な共通点。

管理者による一番簡単な改善方法は、社内での会話の質と量を改善すること。

社内での会話の共通点は安全であり、会話が弾むきっかけは品質。

管理者が全員に“言う以上に伝える”こと、全員に“指示ではなく質問”で確認すること。

研修先では、交通事故や品質向上の研修を定期開催することを“良いこと”と思っていない人に出会うことも。

「その前にやるべきことがあるじゃないか!」と述べられることも有ります。

その“勇気ある貴重な声”から目と耳と体を背けるのではなく。

仰せの通り“その前の段階”から改善を始めます。

「社内で溝が有るなら、私たちが“渡し”になる」

「社内で波がぶつかるのなら、私たちが“防波堤”になる」

それが私たちの機能であり、その先に全員参加による安全や品質の向上があり、その先に配送先様を含むお客様からの評価が変わり、その先に生活の向上を実感していただき、その先に私たちへの評価があります。

意見(感情)と行動(努力)を合わせるために。

価値(自分)と評価(相手)を合わせるために。

社員からの意見とは会社への愛情から生まれるもの。

“もっともっと”会社を好きになっていただくことが、私たちの役割です。

会社(=仕事)を好きになれば、仕事道具に愛着が生まれ仕事が上達します。

管理者が会社を好きになれば、社内(構内や事務所内)の整理整頓に励むようになります。

ドライバーが会社を好きになれば、トラックの美化や整備に励むようになります。

管理者による構内の整理整頓は、ゴミを「探して・拾って・捨てる」ことから始めます。

安全や品質は足元から整えるもの。

誰かに足元を見られる前に、ご自身で足元を見つめ直しましょう。

もしも交通事故が発生する前に確実な予兆が有るならば、交通事故が起こりやすい職場にも特徴が有ります。

だから交通事故防止活動の一環としても、構内の整理整頓に取り組みましょう。

安全は人との会話と、物への愛情により高まります。

最後に人と物を大切にする運送会社の共通点を。

それは景気に左右されることなく、着実に売上と利益を伸ばしておられることです。

ありがとうございました。

次回は2月12日(金)更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社プロデキューブ 代表取締役

高柳 勝二

運送・物流会社の管理者育成と安全教育をサポートしている株式会社プロデキューブの代表取締役。
前職は中堅運送会社にドライバーとして入社し18年間勤務。
安全管理・品質管理・開発営業などの実務経験が豊富な物流インストラクター。
現在ではドライバーの交通事故防止やマナーアップを含む輸送品質の向上に取り組み、経費削減はもちろんその取り組みを営業活動へ転化して売り上げが向上するまでを事業領域として、現場を親身にサポートしている。
中小運送会社からの依頼が多い“提案型”研修は、受講されたドライバーや管理者からの「おもしろい・眠くならない・わかりやすい」との評判が口コミで広がり、各社内で開催される社員研修の外部講師として2014年には698回講演。
また、全日本トラック協会主催の全国トラック運送事業者大会における交通事故防止対策の分科会で、2年連続コーディネータを担当(2013年札幌開催:2014年福岡開催)。
2013年度:全日本トラック協会「トラック運送事業における運行管理者のあり方研究会」委員。
各都道府県のトラック協会や青年部会の各ブロック大会での講演多数。
プロデキューブ
公式ブログ:ほぼ毎日更新中!プロデキューブログ
Facebook

運送・物流会社の管理者のための安全・品質向上講座 バックナンバー

ページID:00106009