第5回 正確な在庫分析を行うために、在庫精度の向上を!

在庫改革の実現には、「在庫分析による問題の原因把握と改善策の立案・実行」が必要です。ただ、コンピューター在庫と実在庫があっていなければ、在庫分析をしても徒労に終わります。棚卸時に在庫差異の発生原因を対策することにより、3~6カ月で在庫は合致します。

正確な在庫分析を行うために、在庫精度の向上を!

在庫精度の向上

在庫の適正化(過剰在庫の削減と欠品アイテム数の抑制)を実現するためには、「在庫分析による問題の原因把握と改善策の立案・実行」が必須となります。

しかし、コンピューター在庫と実在庫に誤差があれば、在庫分析をしても徒労に終わってしまいます。私の経験則(過去訪問先)では、半数以上の企業で在庫があっていないと言っても過言ではありません。

改善の第1歩は、在庫差異(コンピューター在庫数と実在庫数の差異)を無くすことです。

まず、在庫差異の可視化を行いましょう。

棚卸し時に在庫差異リストを出力しましょう。
そのリストに、在庫差異金額[(現在庫数-コンピューター在庫数)×在庫単価]を新設し、昇順に並び変えてみましょう。

例えば、受注数よりも多く納品した場合等の誤出荷をした場合に、実在庫が減少してしまいます。また、不良品が判明して廃棄したにも関わらず、コンピューターに入力を忘れていれば、実在庫が減少してしまいこれも在庫差異の原因になります。
この様に、在庫差異の原因はさまざまな場面・部署で発生しています。なぜ在庫差異金額が、大きくなったのか検討を行いましょう。

ただ、発生原因の検討が難しいケースがあります。
例えば、皆様の企業が年2回の棚卸しをしていたとしましょう。この場合は、半年前からの棚卸し差異原因の追及をすることになります。ですが、実際には追いかけきれずに推測レベルになるのが現状ではないでしょうか。

この様な時は、棚卸し頻度を上げて毎月もしくは毎週、毎日棚卸しをすることをお薦めしています。棚卸し対象は、全アイテムにする必要はありません。差異の大きい商品や、入出荷が多い商品カテゴリー、仕入先等で数十アイテムを選定し棚卸しを行います。

このやり方だと、その日もしくはこの1週間、1カ月に起きた原因分析をすれば良いわけですから、在庫差異の原因をより正確に掴むことができます。

実在庫がコンピューター在庫より過剰な商品も、同様に原因分析を行います。(在庫差異金額で降順に並び替え)

在庫があわない企業の共通点は、棚卸し差異の原因分析が中途半端で終わっているところです。
全ての発生原因を把握・対策を施さなければ、永久に在庫精度は高まりません。
この様な手順で対策を継続すれば、3~6カ月で在庫精度は急激に改善されます。

次回は4月25日(火)の更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

基幹業務ソフト SMILE BS 2nd Edition 販売

納品書や請求書発行だけでなく、受注・発注業務、売上・仕入業務、入金・支払業務、在庫管理まで、販売・購買に関わる業務全般を管理し、売上アップを目指すためのデータ分析機能も豊富な販売管理システムです。

倉庫管理システム(WMS) W-KEEPER

「W-KEEPER」は、在庫型倉庫管理・通過型倉庫管理に対応した倉庫管理システムです。無線ハンディターミナル入荷/出荷検品・Web照会の機能があり、お客様の業務に応じた機能を選択していただけます。在庫型倉庫管理システムは多言語対応で、無線HTTシステム・Web照会・通過型倉庫管理・汎用インターフェースの各機能はオプションとしてご提供します。

入出庫在庫管理システム ORBIS-VI 倉庫管理・ORBIS-VI 倉庫管理 Lite

倉庫の在庫管理(WMS)に求められる柔軟性や細やかさ、品質管理を実現した入出庫在庫管理システムパッケージです。

この記事の著者

有限会社SANTA物流コンサルティング 代表取締役社長 / 物流改革コンサルタント Dr.SANTA

平野 太三

昭和38年兵庫県芦屋市にて出生。昭和61年甲南大学法学部卒業。同年某システム会社入社後、物流システム担当営業として、100社を超える物流現場分析に携わる。平成15年に、有限会社SANTA物流コンサルティングを設立。「物流コンサルティング」「講演、研修」「執筆」を開始する。講演参加者数ものべ10,000人を超え、物流マンに分かりやすい具体的な改善手法の提言を行う。
主な執筆:「3カ月で効果が見え始める物流改善」(プロスパー企画)。
物流技術管理士、日本物流学会正会員、ロジスティクスアライアンス委員
有限会社SANTA物流コンサルティング

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00127800