第15回 基幹発注データを基に入荷検品を行い、入荷作業の効率を向上させる

基幹システムで発注を行い、そのデータを利用し入荷検品のスピードアップを図ります。ハンディターミナルを活用し入荷ラベルを発行、ラベルに印字のロケーションを基に商品を収納します。この運用で入荷作業効率が向上します

基幹発注データを基に入荷検品を行い、入荷作業の効率を向上させる

1. 基幹システムの発注データを活用した入荷検品

入荷作業の効率向上を実現するためには、基幹システムの発注機能を利用することをお勧めします。
仕入先から送付される納品伝票を基に入荷検品をする物流現場も見かけますが、仕入先の受注ミスなどにより、発注した商品が入荷されない可能性もあります。
発注もしていない商品が入荷され、過剰在庫になると目もあてられません。

システムで発注をすると、仕入先別の入荷予定表が用意されていると思います。
この入荷予定表で、発注した商品と現物が合致しているかのチェックができます。

今回は、システムで発注を行い、ハンディターミナルを利用して、入荷検品を行う方法をご紹介させていただきます。

2. 入荷ラベルを発行し入荷作業効率を向上

ハンディターミナルで入荷検品をした時に、入荷ラベルを発行します。

入荷された商品には、「在庫品」「新製品」「取寄せ品(在庫をもたずに受注時に発注する商品)」など、それぞれ入荷の処理が異なります。

「在庫品」の場合は、入荷ラベルに在庫ロケーションを印字します。
入荷担当者は、その決められた場所に棚入れをするだけですので、新人パートでも対応が可能となります。

ロケーションバーコードを棚に貼付け、棚入れ時にハンディターミナルでチェックをかければ、棚入れ間違いが無くなります。
この運用も検討する価値があります。

「新製品」は、棚設定をしていなければ在庫ロケーションが空白でラベルが発行されます。
この場合は、空いている棚に商品を入れて、ハンディターミナルでロケーション設定ができるようにしておきましょう。

「取寄せ品」は、取寄せ棚のロケーションと発送する得意先名が印字されたラベルを発行します。
入荷担当者は、指定された取寄せ棚に商品を仮置きします。
取引の多いお客様は、得意先棚を設置することもお勧めです。
ピッカーは在庫品のピッキングを完了した後に、取寄せ棚に行き、取寄せ商品のピッキングを行います。

この運用をすれば、入荷作業の標準化とスピードアップを実現することが可能となります。

お知らせ

無料オンラインセミナー

物流改革の進め方に関する無料オンラインセミナーを開催します。
全国どこからでも、自席でご受講いただけます。

9月は「在庫改革」、10月は「物流作業改革」です。
ご興味のある方はぜひご参加いただき、自社物流の見直しにお役立てください!

【2017年9月20日開催】在庫改革の進め方
在庫改革を進めてみませんか? (大塚商会Webサイト)

【2017年10月5日開催】物流作業改革の進め方
物流作業を効率化してみませんか? (大塚商会Webサイト)

次回は9月26日(火)の更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

基幹業務ソフト SMILE BS 2nd Edition 販売

納品書や請求書発行だけでなく、受注・発注業務、売上・仕入業務、入金・支払業務、在庫管理まで、販売・購買に関わる業務全般を管理し、売上アップを目指すためのデータ分析機能も豊富な販売管理システムです。

倉庫管理システム(WMS) W-KEEPER

「W-KEEPER」は、在庫型倉庫管理・通過型倉庫管理に対応した倉庫管理システムです。無線ハンディターミナル入荷/出荷検品・Web照会の機能があり、お客様の業務に応じた機能を選択していただけます。在庫型倉庫管理システムは多言語対応で、無線HTTシステム・Web照会・通過型倉庫管理・汎用インターフェースの各機能はオプションとしてご提供します。

入出庫在庫管理システム ORBIS-VI 倉庫管理・ORBIS-VI 倉庫管理 Lite

倉庫の在庫管理(WMS)に求められる柔軟性や細やかさ、品質管理を実現した入出庫在庫管理システムパッケージです。

この記事の著者

有限会社SANTA物流コンサルティング 代表取締役社長 / 物流改革コンサルタント Dr.SANTA

平野 太三

昭和38年兵庫県芦屋市にて出生。昭和61年甲南大学法学部卒業。同年某システム会社入社後、物流システム担当営業として、100社を超える物流現場分析に携わる。平成15年に、有限会社SANTA物流コンサルティングを設立。「物流コンサルティング」「講演、研修」「執筆」を開始する。講演参加者数ものべ10,000人を超え、物流マンに分かりやすい具体的な改善手法の提言を行う。
主な執筆:「3カ月で効果が見え始める物流改善」(プロスパー企画)。
物流技術管理士、日本物流学会正会員、ロジスティクスアライアンス委員
有限会社SANTA物流コンサルティング

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00136019