第26回 働き方改革は、元気なあいさつ、笑顔のあいさつから

「働き方改革」というのは非常にあいまいな言葉ですが、新たに制度を導入したり、ICT(情報通信技術)を活用したりすることだけが働き方改革ではありません。費用が掛からず簡単に始められる「あいさつの励行」も有効な働き方改革の一つです。

働き方改革は、元気なあいさつ、笑顔のあいさつから

先日、新聞の紙面で「生産性向上は課長の笑顔から」というコラム*を読み、我が意を得た思いで嬉しくなりました。
コラムの内容を要約すると「課長が必死の形相でパソコンに向かっていると、部下は相談や報告をためらうようになり、結果としてチームの生産性は損なわれる。日常のコミュニケーションがうまくいくチームは士気が上がり、創造性も発揮できるようになり、それにはまず課長の笑顔からである。」というものです。

  • *内田洋行執行役員・知的生産性研究所所長 平山信彦氏執筆(日本経済新聞 2018年1月24日)

仕事の問題の8割はコミュニケーションが原因

仕事や職場の問題の8割はコミュニケーションが原因で発生している、と言われます。
例えば、必要な情報が共有されていない、仕事の指示が十分かつ適切に行われない、報告・連絡・相談が不十分である、などです。報告・連絡・相談について言えば、部下だけでなく上司からもしっかり行われなくてはなりません。
そして、コミュニケーションに問題のある職場では、各人が忙しすぎて発生する不機嫌なオーラ、ギクシャクした雰囲気、しかめっ面の上司、がしばしば見られます。

それらを解消するものの一つが「あいさつ」です。元気なあいさつ、笑顔のあいさつはコミュニケーションを円滑にし、活性化させます。そして、職場の雰囲気を明るくします。

働き方改革は制度の整備、導入だけではない

「働き方改革」というのは非常にあいまいな言葉ですが、新たに制度を導入したり、ICT(情報通信技術)を活用したりすることだけが働き方改革ではありません。費用が掛からず簡単に始められる「あいさつの励行」も有効な働き方改革の一つです。
管理者や経営トップが率先してあいさつ、それも笑顔でやわらかいあいさつをすれば、社員も追随します。

各種調査によると、働き方改革の取り組み状況は半数から7割程度で、企業規模が小さくなるほどその比率は低くなっています。
働き方改革にこれから取り組む企業は「元気なあいさつ、笑顔のあいさつ」から始めてみてはいかがでしょうか。

次回は4月19日(木)更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

基幹業務システム SMILE V 人事給与

人事管理から定型の給与計算業務までをフルサポート。自由項目を利用した独自の人事情報や、履歴情報を管理することで、人事異動の判断材料などに活用できます。

eValue NS 2nd Edition ワークフロー BS人事諸届テンプレート

「eValue NS 2nd Edition ワークフロー『BS人事諸届テンプレート』」は、社員が届け出た人事情報に関わる申請を Web上で起票し、最終承認後、「SMILE BS 人事給与」への連携を行うワークフローシステムです。

この記事の著者

ワークデザイン研究所 代表

太期 健三郎(だいご けんざぶろう)

ビジネス書作家/経営コンサルタント。
得意とする専門領域は、HRM(人材マネジメント)、人事・総務部門の業務改善。
三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)、株式会社ミスミ、株式会社グロービスを経て、現職。グロービスではグループ管理本部でコンプライアンスおよびリスクマネジメントを統括し、ミスミでは全国13カ所の営業所、コールセンターの業務改善や、三枝匡社長(当時)の直轄タスクフォースで営業改革などを行う。
また、2013年~2015年にはクライアント企業であった食品メーカーの人事部長を兼務する。
神奈川県横浜市出身。著書『ビジネス思考が身につく本』(明日香出版社)。
ワークデザイン研究所

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-369-877

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00144039