人事総務がしっかりすれば会社は強くなる

多くの企業の人事総務部門と接してきた経験をもとに、「管理部門が強くなるためには」という観点でお話しします。

キーワード:人材マネジメント / 人材育成 / 業務改善 / 間接部門のコストダウン

著者紹介

株式会社リバティーフーズ 人事部長
ワークデザイン研究所 代表

太期(だいご) 健三郎

食品メーカー人事部長/ビジネス書作家/経営コンサルタント。
専門領域は、人事評価制度・賃金制度の構築、人材育成、間接部門のコストダウン。
三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社)、株式会社ミスミ、株式会社グロービスを経て、現職。ミスミ時代には三枝匡社長(当時)の直轄タスクフォースにて営業改革、短期営業戦略を推進する。
経営コンサルタントを“企業のお医者さん”と考え、「患者(クライアント企業)の声をよく聴き、現状をしっかり診察し、治療する」をモットーとする。
神奈川県横浜市出身。著書『ビジネス思考が身につく本』(明日香出版社)。
ワークデザイン研究所

人事総務がしっかりすれば会社は強くなる バックナンバー一覧

このコラム読者におすすめの製品

ページID:00117203