第10回 これからの総務は戦略型総務へ進化せよ!

今回は「これからの総務部」について述べてみたいと思います。

いまさらの話ですが、皆さんは総務部についてどんなイメージを持っているでしょうか?総務部に対して「地味」「守り」「受身」というイメージを持っている人も少なくないかもしれません。

当コラムの第1回で総務部は「企業のOS」「縁の下の力持ち」「企業の土台」と述べたとおり、とても重要な役割を担う部門です。総務がしっかりしていればこそ、会社は安心して事業を進めていくことができるのです。

しかし、これからの総務部には更なる進化が求められます。「攻めの総務」「戦略的総務」と呼んでもいいでしょう。
 
総務の業務を大きく分類すると
 ・企業の窓口
 ・文書管理
 ・設備、備品管理
 ・株主総会の準備・運営
 ・社内行事の企画・運営
 ・社内規程の整備
 ・その他、庶務
などです。
 
多くの総務部では、これらの業務を会社や法律に求められるままに、正確に、決められた手順やルールの下に行っているでしょう。それだけでも大きな貢献をしていますが、これからの総務部には、さらに進化し、業務のパフォーマンスを高め、新たな領域や方法にチャレンジして欲しいと思います。

総務部にとっての顧客(=サービスを提供する対象)は誰でしょうか?
それは、社員と経営者です。「きちんと仕事をして当たり前」の目立たない地味なものではなく、社員からは「総務のおかげで快適に効率的に仕事ができる!」と感謝され、経営者からは「企業の土台&経営参謀」として頼りにされる存在、それがこれからの総務です。

それは決して容易なことではないでしょう。しかし、社内外にアンテナを張り巡らし、情報やニーズを収集し、少しずつ新たなことの企画、提案、実行にチャレンジしていけばできるでしょう。

これからの総務部、戦略的総務部とは、縁の下の力持ちでありながら、同時に企業の頭脳、牽引役のような存在だと言えます。
 
そうなれば、社内での総務部の存在感はさらに増し、総務部員のやりがい、モチベーションは今以上に高まっていくことでしょう。 

【表1】「現在の総務」と「これからの総務」

次回は4月20日(月)の更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

株式会社リバティーフーズ 人事部長
ワークデザイン研究所 代表

太期(だいご) 健三郎

食品メーカー人事部長/ビジネス書作家/経営コンサルタント。
専門領域は、人事評価制度・賃金制度の構築、人材育成、間接部門のコストダウン。
三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社)、株式会社ミスミ、株式会社グロービスを経て、現職。ミスミ時代には三枝匡社長(当時)の直轄タスクフォースにて営業改革、短期営業戦略を推進する。
経営コンサルタントを“企業のお医者さん”と考え、「患者(クライアント企業)の声をよく聴き、現状をしっかり診察し、治療する」をモットーとする。
神奈川県横浜市出身。著書『ビジネス思考が身につく本』(明日香出版社)。
ワークデザイン研究所

人事総務がしっかりすれば会社は強くなる バックナンバー

ページID:00080472