第1回 総務部門は“企業のOS”

はじめまして。ワークデザイン研究所の太期健三郎と申します。
これから、コラム「人事総務がしっかりすれば会社は強くなる」を担当します。

私自身が企業の管理部門で人事総務を担当していた経験と、人事コンサルタントとして多くの企業の人事総務部門と接してきた経験をもとに執筆していきます。なぜ人事総務がしっかりしていると会社は強くなるのか、強い人事総務になるにはどうすればよいのか、など人事総務にまつわることを執筆していきます。どうぞよろしくお願いします。

今回は人事総務の「総務」にフォーカスします。
皆さんは総務部門にどのようなイメージをお持ちですか?
総務を、様々な事務作業、庶務をやっている会社の“何でも屋・便利屋”ぐらいに考えている人も多いのではないでしょうか。
そのように考えていると、総務と会社の強さは結びつきにくいかもしれません。しかし、強さを維持している企業は、ほぼ例外なく総務がしっかりしています。総務が弱くて強さ、成長を維持している企業は皆無です。

このコラムの読者にはシステムご担当の方が少なくないと思います。
コンピュータにたとえて総務を考えていきましょう。

総務は、コンピュータではOS(Operating System: オペレーティングシステム、基本ソフト)のようなものです。OSとしての総務の上に、開発部門、製造部門、営業部門など“アプリケーション”が機能しているのです。

OSに問題があれば、その上で動いているアプリケーションは止まったり、十分なパフォーマンスを発揮できなかったりするでしょう。

総務は“企業のOS”なのです。

強い総務は会社全体の基盤となる各種制度の運用や、各部門へのサポートを安定して行います。
しっかりとした総務では、社内コミュニケーションに支障をきたしたり、備品・消耗品が不足したり、契約書・請求書の発行が遅れたり、とビジネスのスピードを損ねることはありません。

社員が働きやすい環境を用意し、業務に専念して高いパフォーマンスを出せるようにサポートするのです。

弱い総務はバタバタとしていて「弱さ」が目立ちますが、強い総務は整然と業務を行っているので「強さ」は目立ちません。
総務は、競争力のある新商品を開発したり、大口の取引を獲得したりするわけではないので、派手な存在感を出すことはあまりありません。
それは総務の仕事の多くは「きちんと行われて当たり前」のものだからです。
しかし、そのような「縁の下の力持ち」「企業の土台」「OS」としての総務がしっかりしていればこそ、会社は安心して事業を進めていくことができるのです。

総務がしっかりしていなければ会社は強くなりません。それは人事もしかりです。
次回は“強い”人事部門について説明します。ご期待ください。

次回は10月7日(月)の更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

基幹業務ソフト SMILE BS 2nd Edition 人事給与

「SMILE BS 人事給与」は、適材適所な「人財」の有効活用を支援する人事管理、定型の給与計算業務から毎年発生する各種業務までトータルでサポートします。大切な個人情報は、厳密なセキュリティ管理で守ります。

eValue NS 2nd Edition ワークフロー BS人事諸届テンプレート

「eValue NS 2nd Edition ワークフロー『BS人事諸届テンプレート』」は、社員が届け出た人事情報に関わる申請を Web上で起票し、最終承認後、「SMILE BS 人事給与」への連携を行うワークフローシステムです。

この記事の著者

ワークデザイン研究所 代表

太期 健三郎(だいご けんざぶろう)

ビジネス書作家/経営コンサルタント。
得意とする専門領域は、HRM(人材マネジメント)、人事・総務部門の業務改善。
三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)、株式会社ミスミ、株式会社グロービスを経て、現職。グロービスではグループ管理本部でコンプライアンスおよびリスクマネジメントを統括し、ミスミでは全国13カ所の営業所、コールセンターの業務改善や、三枝匡社長(当時)の直轄タスクフォースで営業改革などを行う。
また、2013年~2015年にはクライアント企業であった食品メーカーの人事部長を兼務する。
神奈川県横浜市出身。著書『ビジネス思考が身につく本』(明日香出版社)。
ワークデザイン研究所

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00077818