第17回 「業務ミス管理表」のすごい力

前回は業務ミスを減らすことの効果について説明しましたが、今回は、ミス低減に役立つツール「業務ミス管理表」の活用法を紹介します。シンプルなシートで簡単に運用できるものですが、すごい効果があることに驚かれるかもしれません。

「業務ミス管理表」のすごい力

前回、業務ミスを減らす効果の大きさについて説明をしました。今回は、その業務ミスを減らす方法の一つとして、「業務ミス管理表」の活用をご紹介します。業務改善プロジェクトを立ち上げる本格的アプローチに比べ、運用が容易で始めやすいですが、実はたくさんのすごい効果があるのです。

業務ミス管理表の運用は極めてシンプルです。ミスが発生する度にシートに記録する、ただそれだけです。管理表と運用方法を簡単に説明していきましょう。

管理表に記入する項目は、(1)発生日、(2)ミスの内容、(3)発生原因、(4)担当者、(5)再発防止策、(6)記載者、(7)確認者の7項目です。

ミスが発生したら速やかに管理表に必要事項を記入し、管理者が確認します。記憶が薄れないうちに、のど元過ぎて熱さを忘れないうちに、例えば発生後3営業日以内に記載から確認まで行うと良いでしょう。あまり詳細に記載する必要はありません。詳細を求めると書くことが負担になり続きません。要点に絞って簡潔に書きます。とても簡単だと思いませんか?

月に一回程度集計しミスの発生状況を確認します。管理表に同じミスが何度も登場する場合は、再発防止を個別に考えて実施する必要があります。

簡単だけれど、たくさんのすごい効果!

1. 業務ミス再発防止を考える機会が「仕組み化」される

「業務ミス管理表」はシンプルで運用の手間がかかりませんが、すごい効果を発揮します。

通常、「業務ミスをしたら、同じミスをしないようにしよう」「ミスはメモなど記録しておこう」と言っても、なかなか実行されません。しかし、「ミスをしたら、3営業日以内に管理表に記入し、管理者に提出すること。管理者は内容を確認し、問題無ければ承認サインをする」とルールにすれば、書かざるを得ません。ミスをそのままにしない仕組みができるのです。

発生の度に、「なぜミスは起きたかの?」「どのようにすれば防げたのか?」「再発を防止するには何をすれば良いか」を考える習慣がついて、改善思考力が高まります。

2. 業務ミスの履歴が組織に蓄積される

業務ミス管理表の運用を続けると、業務ミスの記録が組織内で共有、蓄積されます。異動、担当替え、入退社などで担当者が替わっても後任の人は、過去の業務ミスをひも解くことができます。現在の業務方法となった経緯や、何度も繰り返されているミスを知ることができます。

3. 運用自体がミス発生を抑制する

見過ごせないのが「ミスを記録する」こと自体がミスの発生を抑制することです。「記録するだけでミスが抑制される?」と不思議に思った方もいらっしゃるかもしれません。

誰でも自分のミスを記録するのはイヤなものです。記録しなければいけないとなると、「気を付けよう」という気持ちが今までよりも強くなります。

「レコーディング・ダイエット」という言葉を覚えていらっしゃるでしょうか? 岡田斗司夫氏が、ベストセラーの『いつまでもデブと思うなよ』(新潮新書、2007年)で紹介したダイエット法で、摂取している食べ物の内容をノートに記すだけで食生活の改善につなげるというものです。私も以前続けていたことがありますが、簡単でかなり効果がありました。運動も、カロリー計算も必要ありません。いつ、何を食べたかを「モレなく」書くだけです。これを続けていると、ちょっとした間食も控えるようになります。

ミス管理表の運用がミス抑制につながるのは、これと似た感覚でしょう。

運用が長続きし、効果が高まる運用のコツ

管理表の運用方法はシンプルですが、長続きさせ、高い効果を出すためには幾つかのコツ、注意点があります。それを紹介しましょう。

1. 確認者は管理表の記載事項をきちんと確認する

確認者(管理者)は記載内容をしっかり確認します。記載内容が不十分ならば、差し戻しをして書き直させたり、記載者と一緒に修正案を考えたりしましょう。このプロセスがないと、管理表を書くこと自体が目的となり、運用が形骸化してしまいます。

2. 提出期限は絶対に守らせる

提出期限を設定したら、例外なく絶対に守らせます。「忙しいから、それが終わってから書きます」を許してはいけません。一度認めると、なし崩し的に緩くなり、いつの間にかフェードアウトのように運用されなくなる例を多数見てきました。

「3営業日以内に」という期限が難しいなら、「5営業日以内」「1週間以内」など組織で妥当な期限を設定しましょう。しかし、設定した期限は必ず守らせなければなりません。

3. ミスを憎んで人を憎まず~反省文、始末書にはしない~

ミスした担当者に、反省文、始末書のように業務ミス管理表を書かせてはいけません。そのようになると、担当者はミスを隠すようになります。ミスを隠蔽したり、取り繕ったりするようになります。これでは、再発防止どころか、再発後の被害を大きくするリスクを生むことになります。

管理表は再発を防止するために「ミス」を記録するのであり、「人」を責めるものではありません。

これだけで業務ミスを根絶することはできないけれど……

「業務ミス管理表」の効果と運用するコツを書いてきました。がっつり業務改善を進める本格的なツールではないですし、これだけで業務ミスを根絶することはできません。しかし、運用に手間がかからず、社員の改善思考を高め、組織的業務改善を始めることができる簡便なツールです。ぜひ、お試しください!

次回は5月25日(木)更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

基幹業務ソフト SMILE BS 2nd Edition 人事給与

「SMILE BS 人事給与」は、適材適所な「人財」の有効活用を支援する人事管理、定型の給与計算業務から毎年発生する各種業務までトータルでサポートします。大切な個人情報は、厳密なセキュリティ管理で守ります。

eValue NS 2nd Edition ワークフロー BS人事諸届テンプレート

「eValue NS 2nd Edition ワークフロー『BS人事諸届テンプレート』」は、社員が届け出た人事情報に関わる申請を Web上で起票し、最終承認後、「SMILE BS 人事給与」への連携を行うワークフローシステムです。

この記事の著者

ワークデザイン研究所 代表

太期 健三郎(だいご けんざぶろう)

ビジネス書作家/経営コンサルタント。
得意とする専門領域は、HRM(人材マネジメント)、人事・総務部門の業務改善。
三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)、株式会社ミスミ、株式会社グロービスを経て、現職。グロービスではグループ管理本部でコンプライアンスおよびリスクマネジメントを統括し、ミスミでは全国13カ所の営業所、コールセンターの業務改善や、三枝匡社長(当時)の直轄タスクフォースで営業改革などを行う。
また、2013年~2015年にはクライアント企業であった食品メーカーの人事部長を兼務する。
神奈川県横浜市出身。著書『ビジネス思考が身につく本』(明日香出版社)。
ワークデザイン研究所

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00131522