第67回 いい人だけど、他人にも自分にも厳しくない社長の話

成功している経営者やリーダーは、どこかに必ず厳しさを持っていますが、ある社長はその定義に当てはまりません。しかし実際にはいろいろ問題があり、経営者やリーダーは特に自分を律する姿勢が大切だという話です。

いい人だけど、他人にも自分にも厳しくない社長の話

社長というのは、どんなに人当たりがよく優しくても、どんなに腰が低くて謙虚でも、必ずどこかに厳しい一面を持っています。そうでなければ事業を成功させるのが難しく、成功のためには必要なことだからでしょう。

私がお付き合いさせていただく経営者の方々も、会社規模や事業規模にかかわらず、必ず何かしらの厳しい一面を持っています。仕事の向き合い方への厳しさ、仕事の質に対する厳しさ、礼儀作法の厳しさ、お金に関する厳しさ、その他いろいろです。

また、こういう経営者の皆さんは、自分自身に対する厳しさも持っています。相手に要求することは、自分も同じように実行しようとしますし、他人には求めないようなことであっても、自分自身はそれを実践していたり、行動を律していたりします。

もちろん人間ですから、中には自分に対する甘さもあるでしょうが、成長している会社では、社長のそういう部分を理解し、さりげなくフォローしてくれる部下が必ずいます。なぜフォローしてくれる人がいるかといえば、尊敬、恩義、お手本、人生経験、性格、その他いろいろなことを含んだ広い意味で、社長が「いい人である」ということだろうと思います。
そうやってフォローしてくれる人が身近にいなかったり、他人に厳しく要求していても、自分には甘く済ませていたりするような社長は、必ずどこかで行き詰まっているように感じます。

ただ、私の知人のある社長に、この定義があまり当てはまらない人がいます。周りから見ている限り、厳しい一面というものがどこにも見当たらないのです。他人に対しても自分に対しても、どちらの場合でも同じようにそうなのです。社歴は10年以上あり、会社自体は順調そうに見えます。

曲がりなりにもそれだけの期間で社長を務めてきたわけですから、何かしらの厳しさはあるはずだと観察していましたが、なかなか見つけられません。
周囲の人たちに様子を聞いても、「ああ、あの人はそんな感じ」などと言うばかりで、「厳しさ」という話は全く出てきません。
他人に対して絶対にきついことを言わず、甘えと思われるようなことも全て認めてしまうので、周りからの評判としては、「とりあえずいい人だ」ということになっています。

しかし、この社長と仕事で関わる人たちの評判は少し違っています。部下たちからは「自分からは何もしようとしない人」と言われています。営業活動などで「相手と会ってほしい」と話を持っていっても、何となく後ろ向きで、連れ出そうにも腰が重くて、部下としては一苦労なのだそうです。社長という立場の人は、おおむね行動力があり、ともすればやり過ぎ、走り過ぎといわれることも多い中、それとは正反対のキャラクターです。

そうやっていろいろ聞いていく中で何となく分かったのは、「やらずに済むならやりたくない」という行動回避の願望があるらしいことです。「他人に要求すると自分もやらなければいけなくなる」ということから、自分と他人の両者ともに、甘い対応に終始する行動になっているようでした。

会社業績をはじめとした資料を見せてもらうと、決して悪くはないものの、伸びている、成長しているということでもありません。「売上・利益はほぼ横ばい」「負債はないが投資もしていない」「固定顧客はいるが新規開拓はほとんどない」「社員は減っていないが増えてもいない」というような状況でした。
「事業的に失敗はしていないが、成功しているとも言い切れない」という中途半端な感じがします。会社の先行きを考えると少し心配です。

こんなことから思ったのは、やはり経営者には「厳しさ」も必要であり、中でも「自分に対する厳しさ」は、事業を成功させる上で必要だということです。これは空気をピリピリさせることでも、過度の率先垂範でもなく、自分を律して部下の信頼を得ることです。このことは、部門を率いるマネージャーやチームリーダーも同じです。

経営者、マネージャー、リーダーは、いざという時には部下をはじめとした周囲の人に、さまざまな指示、命令、要求をしなければなりません。その時に「この人から言われたくない」「この人に言う資格はない」との感情を持たれては、相手の行動が鈍って肝心な時ほど困ります。受け入れてもらうには、自身の日頃の行動が重要です。
自己管理だけで自分を律するのは難しいですから、他人からの目でフォローしてもらうことも必要でしょう。そういう関係づくりも大切です。

自分にも他人にも「厳しさ」を持ち続け、しかも「いい人」でいるということは、かなり矛盾しているようにも思えます。ただ、少なくとも私の周りでは、この矛盾に向き合って、自分なりに克服している経営者、マネージャー、リーダーが成功していると感じます。
やはり組織をまとめて成功に導くのは大変な仕事であり、だからこそやりがいがあるのではないでしょうか。

次回は4月23日(火)の更新予定です。

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

基幹業務システム SMILE V 人事給与

人事管理から定型の給与計算業務までをフルサポート。自由項目を利用した独自の人事情報や、履歴情報を管理することで、人事異動の判断材料などにご活用いただけます。

この記事の著者

ユニティ・サポート 代表

小笠原 隆夫

IT業界の企業人事出身の人事コンサルタント。 2007年に独立し、以降システム開発のSE経験と豊富な人事実務経験を背景に、社風や一体感など組織が持っているムードを的確に捉えることを得意とし、自律・自発・自責の切り口で、組織風土を見据えた人事制度作り、採用活動支援、人材育成、人事戦略作りやCHO(最高人事責任者)業務を専門的に支援するなど、人事や組織の課題解決、改善に向けたコンサルティングを様々な規模の企業に対して行っている。
上から目線のコンサルティングではなく、パートナー、サポーターとして、顧客と協働することを信条とする。
ユニティ・サポート
ブログ「会社と社員を円満につなげる人事の話」
Twitter
facebook

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00164185