第34回 営業の労務問題…「すべき仕事を明確に」「理解しあう環境」の2つで解決

15年以上様々な企業の営業を見てきて感じていることがあります。
□ 仕事のストレスを抱えている人が多い
□ 仕事で疲れ切っている人が多い
□ 会社や上司、同僚に不満を持っている人が多い

「うちは良い会社、働きやすい、仕事がやりやすい」と言っている人は稀で、
大半は・・・
「売上目標が高すぎる」
「仕事が忙しすぎる、時間がない」
「上司や先輩が指導してくれない」
「会社や周囲のサポートや協力がない」
「商品力が弱いから頑張っても売れない」
「将来や先が見えない」
「適正に評価してもらえない」
不満や愚痴をあげたらきりがない・・・

そして・・・
□ 売上目標や顧客対応などの業務ストレス
□ 残業時間や土日出勤などの長時間労働
□ パワーハラスメントや上司、同僚との人間関係
□ 昇給やキャリアパス
などの問題を抱え、定着率やモチベーション、成長、精神面に苦慮している・・・

また、これらを気にするあまり
□ 上司が遠慮して部下をしっかり指導できない、・・・
□ 上司が自分の営業で時間をとられマネジメントが疎かに・・・

なぜ、これらの問題が起こるのでしょうか?

売上目標や仕事量が直接的に問題になっているケースもありますが、営業の労務問題の大半はそもそも組織で仕事をするうえで前提となる以下の2つに起因していることが多いのです。

1.仕事が明確でない

目標、計画や達成する方法、進め方、役割・・・、また、これらに対する課題と対策といった本来仕事をするうえで明確にすべきことをあいまいにしたまま仕事をしているケースが多く見受けられます。

2.一緒に考え、悩む仲間がいない

日々、上司や先輩に相談しているかもしれませんが、
仕事の大半は「一人で考え」「一人で行動」・・・
その結果、一人で考え、悩みながら仕事をしている・・・

この2つの前提となる原因を考えずに、前述した直接的な要因である売上目標や仕事量、上司や本人個人の改善、昇給制度を改善しても本質的には改善できないのです。

この「仕事が明確でない」「一緒に考え、悩む仲間がいない」という問題は営業という仕事の特性です。

営業という仕事の特性【1】・・・目標達成に多様な要素が影響

営業の目標達成は多種多様な要素に影響されます。
市場環境や競合、顧客の状況、商品力、社内のサポート、組織の考え方・・・
また、これらは変化し、見えにくいものも多いのです。
そのため、計画や達成する方法、課題や対策を明確にしにくい・・・

営業という仕事の特性【2】・・・仕事が雑多で流動的

既存顧客をフォローしていたら、急にトラブルが発生し対応に追われ、
そこに引き合いが入ってきて急ぎの提案書作成、
そして、トラブル対応や新規案件の社内調整や報告書・・・
仕事が計画通りにいかない、日々仕事内容が変わってしまう・・・
そのため、自分の仕事を管理しにくい・・・

営業という仕事の特性【3】・・・個人主義

仕事の成果である売上目標は個人ごと、担当も個人ごと、
そのため、計画や仕事のやり方も個人ごと、実践するのも個人ごと・・・
周囲の人と一緒に考え、悩み、仕事をするという環境が少ないのです。
その結果、理解者や共感者、協力者も少ない・・・
営業会議でも一方通行のコミュニケーションによる「報告と指導」が多く、
双方のコミュニケーションによる「話し合う」がほとんどありません。

営業の3つの特性を考慮しながら、「仕事が明確でない」「一緒に考え、悩む仲間がいない」
という問題を解決するためには、以下の2つが大切です。

(1) 計画を立て、状況と課題、対策を日々整理しながら仕事を進める。

当社では、朝出勤したら「何もしない時間を30分」作らせています。
「何もしない」というのは、営業活動や資料作成などをしないということで、メール対応やミーティングも禁止です。
業務前の30分は自分の目標や計画の確認、仕事内容と課題・対策の整理、一日の仕事の進め方を机にむかって考える時間にあてています。
つまり、自分の仕事を明確にする時間です。

朝出勤してすぐにメール対応や打合せ、資料作成や顧客対応をしているケースが多く見受けられます。
そのため、「何をどのように進めるたらよいのか」をあいまいにしたまま目の前の仕事に追われるというストレスだけでなく、ミスやロスによる非効率さ、仕事に時間がかかるといった状況に陥っている・・・
意外と「何もしない時間を30分」作った方が仕事は早く終わるのです。

(2)共通のプロセス、基準を作る。

個人主義になっている一因は、考え方ややり方がバラバラになっていることです。
個々の考え方や仕事のやり方がバラバラでは相互理解するための前提がなく、
指導も理解されにくい、そして部下も相談しにくい・・・
営業活動の進め方や進捗をチェックする基準を標準化し共有することで、
上司と部下、営業部内で話し合う前提ができ理解しあう環境を作りやすいのです。

多少、仕事量が多くても、
多少、仕事が難しくても、
多少、指導が厳しくても、
すべき仕事が明確で、上司や周囲の人と理解しあう環境があれば
業務ストレス、仕事量や時間、上司の指導、会社の制度等への不満や不信も減り、
前向きに仕事に取り組めるものです。

営業という仕事は、明確にすることも、相互理解を促進することも難しい仕事です。
だからこそ
「日々整理し明確にしながら仕事をする」
「共通のプロセスや基準による相互理解を促進する環境」
という2つが大切になるのです。

≪お知らせ≫

今回お話ししました営業職の労務問題を解決する方法についてのセミナーを
参加料無料で開催します。
ご興味のある方はぜひお申込みください。

11月11日(火)『営業職の労務問題を解決する方法』 新宿
主催:ミロク情報サービス様、AIU損害保険様、セントリーディング

■ セミナ&研修会 人事部マネージャー・営業部マネージャー必見!『営業現場の労務環境改善セミナー』(株式会社ミロク情報サービスWebサイト)

その他にも営業強化に関する無料セミナーを開催します。
ご興味のある方はお気軽にお申し込みください。

11月19日(水)『課題解決型営業を強化する方法』 
・・・営業プロセス、顧客課題考察力、商談・提案力、顧客関係力
主催:セントリーディング

■第13回 無料 『課題解決型営業セミナー』 のご案内(株式会社セントリーディングWebサイト)

11月26日(水)『新規開拓営業で成果を上げる方法』 
・・・新規開拓ターゲット、アプローチ、商談・提案、案件獲得、計画・体制
主催:ミロク情報サービス様、セントリーディング

■ セミナ&研修会 [新規開拓営業セミナー] 法人向け提案型商材の新規開拓営業は量と質の強化が成果を獲得する
(株式会社ミロク情報サービスWebサイト)

12月2日(火)『顧客攻略力を強化する方法』
・・・戦略営業、顧客組織攻略、決裁者・予算・競合対策
主催:ミロク情報サービス様、セントリーディング

■ セミナ&研修会 [顧客攻略力セミナー] 中堅~大手企業向けの営業は、戦略の質が売上を左右する(株式会社ミロク情報サービスWebサイト)

次回は1月上旬の更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品