製品、サービスに関するご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・問い合わせる

ApaRevo 活用コラム

アパレル業における永遠のテーマ「在庫管理」

 

日々サポートをさせていただいている多くのアパレル業のお客様で、システム導入・運用に際して、必ずといっていいほど挙がる課題が在庫管理に関する内容です。今回は在庫管理についてお話しします。

アパレル業における永遠のテーマ「在庫管理」

株式会社大塚商会
首都圏ソリューショングループ
アパレル/ライフデザインSPソリューション課
拝司 雅彦

私が日々サポートをさせていただいている多くのアパレル業のお客様で、システム導入・運用に際して、必ずといっていいほど挙がる課題が在庫管理に関する内容です。

一言でいえば、在庫を「適正」にしたいということになりますが、「適正」な在庫とは、在庫不足による売逃しや欠品、在庫過剰による処分品・不良在庫が一切ない状態を指しており、この課題はアパレル企業にとって、永遠のテーマともいえます。

一般的にアパレル業の在庫管理の特徴として、カラー・サイズ別に管理されることに加え、シーズンごとに目まぐるしく商品が入れ替わるためにライフサイクルが短く、商品点数が多いことが挙げられます。また、商品価値は流行に左右されるため、今年の商品は来年には価値がなくなり、その結果、キャリー品として在庫は不良在庫化してしまう傾向にあります。

昨今では、SPA型と呼ばれる自社で企画・生産を行い、卸を含めて直営店・ECといったマルチチャネルで販売までを行うような企業が増えてきています。しかし、基本的には販売予測に基づいた見込生産となるため、見込みを誤ると在庫過剰による大量の不良在庫を抱えてしまうことにもなります。加えて、アパレル業界の場合、委託や消化仕入といった悪しき諸習慣があるせいで、シーズン終わりに取引先から大量の返品が…ということにもなりかねません。ただ一方で、店舗では商品を陳列しないと売れないですし、人気商品の在庫不足による販売機会ロスはその時のロスだけではなく、欲しい商品が欠品していることで顧客からのブランドの信頼を失い、結果、客離れにつながることにもなります。

アパレル企業の中で在庫管理の判断は、バイヤーやマーチャンダイザーの手腕に大きく依存しているといえますが、その判断を機械的に行うことは難しく、過去の在庫消化傾向や現状の在庫動向からのデータ分析に加え、季節性や流行性による予測や、3Kと呼ばれる「勘」や「経験」や「気分」というようなさまざまな要素が加わってきます。

私たちがお客様に寄与できるポイントとしては、上記のデータ分析を正確に行うための材料をご提供する部分までとなります。そのために、システム上で受発注状況を加味した予定在庫や在庫の引き当てを加味したフリー在庫を確認できるようにしたり、消化率表や販売動向表をはじめとする多彩な分析帳票をご用意したり、さまざまな角度で在庫分析を可能とする判断材料をご提供しています。

また、アパレル以外の雑貨や食品等の場合はシーズンごとに商品が全て入れ替わるようなことは少なく、店舗側の在庫が減ってきたら順次、倉庫から商品補充をするような運用が多く見受けられます。そのような場合も、「ApaRevo」では自動補充機能によって、店舗別の補充点を元にした、倉庫から店舗への自動在庫補充が可能となっています。

このように、お客様が抱える在庫管理に関するさまざまな課題に対して、コストを増大させる過剰在庫や販売機会ロスを起こす在庫不足を事前に予測して防ぐことができる、そんなシステムの構築を私たちは目指しているのです。

[SE]2016年 3月 4日

ApaRevo 活用コラムトップ

「ApaRevo」カタログダウンロード

「ApaRevo」の概要をすぐにつかんでいただけるようPDFカタログをご用意しています。無料にてダウンロード可能ですので、ご検討資料としてお役立てください。

ダウンロード資料:PDF・12ページ

カタログをダウンロードする

お問い合わせ・ご依頼はこちら

「ApaRevo」に関して、「どれくらいで導入できるの?」「今使っているシステムよりよくなる?」など気になる点はございませんか? 資料のご請求、お見積りのご依頼、実機でのデモンストレーションを見たい、などのご希望も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-369-877

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

あなたが最近見た製品・システム

ページID:00150821