製品、サービスに関するご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・問い合わせる

ApaRevo 活用コラム

「QRコードを使ったシステム」について

QRコードはデンソーウェーブが開発した、マトリックス型の二次元コードです。

「QRコードを使ったシステム」について

株式会社大塚商会
首都圏ソリューショングループ
アパレル/ライフデザインSPソリューション課
土橋 道晴

QRコードはデンソーウェーブが開発した、マトリックス型の二次元コードです。

当初は自動車部品製造の現場で採用され、工場や配送センターで利用されていました。その後、カメラ付き携帯端末でQRコードを読み取る機能が標準装備されるようになったのがきっかけで、さまざまな用途で利用されるようになりました。最近は、QRコードの看板なども見掛けます。スマホをかざして見るということなのでしょう。

中国では、QRコードによる決済サービスが普及しています。高価な専用端末が不要で、またクレジットカードなどほかの決済サービスが普及する前だったこともあり、一気に普及が進んだようです。屋台のような小さな店でも、QRコード決済ができるそうです。

国内では、QRコードを使い航空券の代用とするシステムが導入されています。ANAとそのグループ航空会社では、印刷コストが高く、再利用性も低い磁気式の航空券を全廃して、QRコードを用いて航空券の代用とするシステムに変更しています。QRコードは印刷する必要はなく、携帯端末に表示させることで利用することができます。

さて、業務系アプリケーションでQRコードを利用した例は、まだそれほどないと思われます。今回紹介させていただきたい開発中のシステムですが、QRコードを使ってハンディターミナルによる出荷検品を行うシステムです。トレーサビリティの関連で、開発を行うこととなったシステムなのですが、「出荷指示伝票」の明細部分にQRコードを印刷し、これを読み取って検品を行う仕組みです。このQRコードには、出荷指示番号、商品コード、数量などが印刷されているため、ハンディターミナルに事前に情報を落とし込む必要がありません。出荷検品作業は、短時間での対応が要求されます。ダウンロード作業がないだけでも、作業性は向上すると考えられます。

また、出荷指示伝票ですが、当社パッケージ「SMILE 販売」や「ApaRevo」の「自由レイアウト表」にQRコードを印刷する機能が備わっているため、比較的安価に開発が可能となります。

ご興味がおありでしたら、ぜひ当社メンバーにご相談ください。

[SE]2019年 2月26日

ApaRevo 活用コラムトップ

「ApaRevo」カタログダウンロード

「ApaRevo」の概要をすぐにつかんでいただけるようPDFカタログをご用意しています。無料にてダウンロード可能ですので、ご検討資料としてお役立てください。

ダウンロード資料:PDF・12ページ

カタログをダウンロードする

お問い合わせ・ご依頼はこちら

「ApaRevo」に関して、「どれくらいで導入できるの?」「今使っているシステムよりよくなる?」など気になる点はございませんか? 資料のご請求、お見積りのご依頼、実機でのデモンストレーションを見たい、などのご希望も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

お客様の「これが欲しい」にこたえる訪問開発サービス

定額36万円から、訪問&目の前ですぐできるらくらく開発サービスです。

ページID:00162216