製品、サービスに関するご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料請求・問い合わせる

ApaRevo 活用コラム

基幹システム連携事例(API)

今回は、基幹システムとのデータ連携をAPIで実施した事例のご紹介です。

リアルタイム連携の実現

株式会社大塚商会
首都圏ソリューショングループ
アパレル/ライフデザインSPソリューション課
久保 俊太

今回は、基幹システムとのデータ連携をAPIで実施した事例のご紹介です

先日、「基幹システムと同一ネットワーク内に存在する、商品管理システムからの仕入れデータ更新をリアルタイムに行いたい」という要件に対応するため、基幹システム側でAPIを開発し連携を実現しました。

基幹システムとの連携といえば、CSV等のファイル連携が多いと思いますが、「リアルタイムに行いたい」という要件に対しては実現が難しいようです。よくあるのは、タスクスケジューラー等で数分間隔に設定した出力・取り込みプログラムを起動させるというパターン。これは厳密にはリアルタイムではないですね。

そこで基幹システム側に伝票更新用のAPIを構築し、商品管理システム側でデータ更新時に基幹システムのAPIへJSON形式でデータを渡してもらう形にして、データのリアルタイム連携を実現しました。

基幹システム側にAPI連携の仕組みを導入するためには、連携先のシステム側にもデータを渡す・引き出す仕組みを構築できなければ実現はできません。

「リアルタイム連携を行いたい」という要望は、ほかにもBtoBサイトとのマスター連携や在庫連携をよく伺います。特に在庫はリアルタイムに連携することが難しいのですが、在庫公開のAPIを基幹システム側に構築して、BtoBシステム側から商品コードを渡して、在庫を取得するという形が取れれば、〇〇時間ごとに基幹システムから在庫データを出力して、Webにアップロードするという手間はなくすことができます。

まだまだ導入の手軽さという部分では課題もありますが、今後ファイル連携という選択肢のほかに、API連携というパターンが増えてくることを静かに期待しています。

[SE]2020年3月24日

ApaRevo 活用コラムトップ

「ApaRevo」カタログダウンロード

「ApaRevo」の概要をすぐにつかんでいただけるようPDFカタログをご用意しています。無料にてダウンロード可能ですので、ご検討資料としてお役立てください。

ダウンロード資料:PDF・12ページ

カタログをダウンロードする

お問い合わせ・ご依頼はこちら

「ApaRevo」に関して、「どれくらいで導入できるの?」「今使っているシステムよりよくなる?」など気になる点はございませんか? 資料のご請求、お見積りのご依頼、実機でのデモンストレーションを見たい、などのご希望も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

パッケージシステムが稼働しない?

パッケージシステム導入で失敗した経験をお持ちの方へ

ページID:00189415